オプティム、MDMの新版でiOS 8やWindows Serverなどに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オプティム、MDMの新版でiOS 8やWindows Serverなどに対応


掲載日:2014/09/16


News

 株式会社オプティムは、MDM(モバイルデバイス管理)「Optimal Biz」を「7.1.0」にバージョンアップした。

 今回のバージョンアップでは、業務支援アプリやMDM基本機能が更に強化された。iOS向けでは、iOS 8に対応したほか、オリジナルアプリの登録数が50個に拡張され、アップロード成功時のメッセージが追加された。「Optimal Biz Browser for iOS」では同期タイミングの追加が行なわれた。「Optimal Biz Docs for iOS」では、カメラ機能とiOS 7向けデザインが追加されたほか、アイコンが変更された。

 Android向けでは、SDカード禁止がAndroid4.3/4.4に対応したほか、コンテンツ配信で、再配信や、配信状況のCSVレポート出力、アップロード済みファイルのダウンロードといった機能が追加された。

 Windows向けでは、Windows Server機器の管理に対応したほか、端末管理プロトコル“MS-MDM”を用いて認証した管理対象のWindows RT 8.1機器に対してのWebフィルタリング機能が追加された。更に、情報漏洩対策としてUSB禁止機能が強化され、スマートフォン/デジタルカメラなど、ポータブルデバイスの接続を禁止する機能が追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? 【日本アイ・ビー・エム】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】 100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は 【日本アイ・ビー・エム】 ビジネス・コンシェル PC紛失時リカバリーサービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 MobiConnect for Business 【ソフトバンク コマース&サービス】
MDM MDM MDM MDM MDM
BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? 働き方が多様化すると、情シスの工数が増加――アプリや端末の管理手法が変化 100台のiPhoneから社内システムへの安全な接続を実現――EMM導入の決め手は Windows端末の紛失に特化し、遠隔ワイプ/ロック、インベントリ収集に機能を絞ったMDM(モバイルデバイス管理)サービス。 遠隔地からのロック、ワイプ、データ削除などにより、スマートデバイス紛失時における第三者の不正利用やデータ漏えいのリスクを軽減。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057693


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ