NVC、リアルタイムのIP/ドメインレピュテーションサービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NVC、リアルタイムのIP/ドメインレピュテーションサービス発売


掲載日:2014/09/10


News

 株式会社ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は、通信事業者やサービスプロバイダ、データセンター、企業、官庁、大学などファイアウォールを設置しているユーザ向けに、米ThreatSTOP,Inc.が開発した、リアルタイムのIP/ドメインレピュテーションサービス「ThreatSTOP」を9月に発売する。

 「ThreatSTOP」は、35を超す主要なマルウェア・モニタやハニーネット、行政機関などのソースから脅威リストを集約し、不正なIPアドレスやドメイン名のリストを作成して、DNS(Domain Name System)プロトコルを使用した配信メカニズムを使用して既存のファイアウォールなどに配布することで、マルウェアの侵入をブロックする。

 Email DNS Black Listやアンチウイルスベンダなど35以上のソース(Dshield、Spamhaus、SRLなど)から、脅威になるIPアドレスやドメイン名を5分間隔で収集し、これらをスコアリングし、DB化している。脅威リストの配布にはDNSを利用し、ユーザごとにFQDNドメイン名を割り当て、割り当てられたFQDN名の名前解決をすると脅威リストが配布され、既存のファイアウォール上で取得した脅威リストがポリシーに反映される。また、脅威リストのブロック結果は、ThreatSTOPクラウドに送信され、送信した機器のログからレポートが作成される。これにより、ボットネットC&Cサーバに通信を行なおうとしたPCを発見できる。

 既存のファイアウォールを利用するため、追加投資を抑えられる上、設定変更はほとんど不要で、ネットワーク構成の変更も不要。作成や配布に時間が掛かるシグニチャでは対応が困難なゼロディ攻撃を防御できる。数多くの対象にグローバルに展開されるためデータソースに情報が集まりやすい無差別型マルウェアに有効で、サンドボックス方式を既に導入している場合には、「ThreatSTOP」で多重化防御を行なうことで防御の効率化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057605


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ