デル、Xeon E5-2600/1600 v3を搭載した様々なISV認定のWSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、Xeon E5-2600/1600 v3を搭載した様々なISV認定のWSを発売


掲載日:2014/09/09


News

 デル株式会社は、XeonプロセッサE5-2600/1600 v3製品ファミリーを搭載し、安定した高速処理を行なえるワークステーション(WS)「Dell Precision」シリーズを発売した。

 今回発売された「Dell Precision」シリーズは、クアッドチャネル 2133Mhz DDR4 ECC RDIMMメモリを搭載し、容易に大容量データ処理を実行できる。グラフィックスはAMD FireProまたはNVIDIA Quadroの様々な選択肢が提供される。オプションでMicron P420m 12Gbps PCIe SSDストレージを利用でき、読み出し速度と信頼性の向上や省電力化を図れる。また、インテルCAS-Wストレージソリューションオプションも用意されていて、SSDのみの構成に比べ、コストを削減しながらSSD並みのパフォーマンスを備えられる。

 問題のあるメモリブロックを検出し、使用不可領域としてマップアウトすることで、メモリエラーの発生を抑え、稼働時間の最大化を支援するテクノロジー“Dell RMT(Reliable Memory Technology)”を搭載している。

 様々なISV認定を取得していて、アプリケーションが本来持つ実力通りの速度で動作でき、高負荷なワークロードの実行時でも安定的に稼働させられる。また、出荷時プリインストール済みの“DPO”(Dell Performance Optimizer)を有効化することで、使用するアプリケーションに合わせてハードウェアリソースをクリック操作で自動的に最適化でき、アプリケーションのパフォーマンスの更なる向上を支援する。

 高負荷の業務実行時でも安定稼働させるために、信頼性の高い部品が採用されているほか、環境に配慮した80 Plus Gold認定/電源効率90%の電源ユニットが採用されている。

 タワー型の3製品「Dell Precision Tower 5810/7810/7910」と2uラック型の「Dell Precision Rack 7910」が用意されている。

 「Dell Precision Rack 7910」は、オプションのゼロクライアント「Wyse P25/P45」を使用し、1対1でリモート接続できるTeradici PCoIPプロトコルを活用することで、遠隔地でも応答性の高いWSのパフォーマンスを安全に利用できる。また、NVIDIA GRIDテクノロジーで1対多(グラフィックス共有)の仮想化環境をWSに導入し、オープンなOpen GL 4.X/DX11ベースのアプリケーションを用いることで、更に高い拡張性を利用できる。


出荷日・発売日 2014年9月9日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057597


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ