日本サイトライン、ITインフラの根本問題分析の自動化製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本サイトライン、ITインフラの根本問題分析の自動化製品を発売


掲載日:2014/09/09


News

 日本サイトラインシステムズ株式会社(日本サイトライン)は、ITインフラストラクチャに対する根本問題分析(RCA:ルート・コーズ・アナリシス)の自動化製品で、エンタープライズ・パフォーマンス・マネジメント製品「EDM 3.3」(EDM:Enterprise Data Manager)を発売する。

 「EDM」は、Webベースのパフォーマンス管理とキャパシティ管理のツール。今回の「3.3」は、新機能“SightLine Clairvor”を備え、複雑なITインフラストラクチャで発生した問題の根本的な原因を早期に特定し、迅速・的確に対策/解決/除去を行なうための分析を自動化できる。相関分析やドリルダウン、可視化、複数データソースからのデータ分析を統合化し、複数の根本問題分析方法を自動化することで、潜在的な問題を特定する精度の向上を図れ、問題を解決するための時間を短縮し早期に解決する方法が提供される。

 ACL(アクセス・コントロール・リスト)ではユーザ単位の柔軟なロール設定を行なえるほか、日本語UIをサポートしたことで機能性と操作性の向上が図られている。レポート機能が強化され、チャート単位での表示編集を行なえるほか、チャート表示しているデータをCSVで出力できる。また、ユーザ操作履歴を監査ログとして出力できるほか、組込ルールが強化され、組込エクスプレッションが追加されている。

 チャートテンプレートやアラート設定などの設定情報をインポート/エクスポートできるほか、シフトタイム機能が追加され、プロットデータとイベントデータの時間軸を自動連動できる。相関分析ノイズ除去機能では、必要メトリクスのみを選択することで、高精度の相関分析を行なえる。

 数千以上のシステムから各種OS(UNIX、Linux、Windows、VOSなど)、VMwareなどの仮想環境、JavaのJVMやJavaをベースにしたJBossなどのアプリケーション・サーバなどのメトリクスを集約して分析/管理し、各種チャートの表示やレポート作成、アラートマネジメントを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

テスト環境を数秒で構築、AWS環境で実践する継続的インテグレーション 【レッドハット】 Ivanti Endpoint Manager 【Ivanti Software】 IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 日揮が語る、アプリケーション監視ツール乗り換えがもたらしたインパクト 【ゾーホージャパン株式会社】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
テスト環境を数秒で構築、AWS環境で実践する継続的インテグレーション PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 低価格アプリケーション監視ツールの実際の効果は? システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057596


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ