KPS、ビジネス判断用データのリアルタイム可視化ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KPS、ビジネス判断用データのリアルタイム可視化ソフトを発売


掲載日:2014/09/09


News

 株式会社キーポート・ソリューションズ(KPS)は、米国Datawatch Corporationの、ビジネス判断を行なうためのデータをリアルタイムに可視化し、その偏差の識別と異常値を見極められるパッケージソフトウェア「Datawatch」を発売した。

 「Datawatch」は、PDF(テキスト化できるもの)からリアルタイムのストリーミングデータまで、様々なデータソースと接続できる。クライアントPCからダウンロードすることで利用できるなど、簡素/手軽な仕組みで、導入/トレーニング期間の短縮を図れる。

 「Datawatchデスクトップ」「Datawatchサーバ」「Datawatchアナリスト(ビューワー)」で構成されている。PC1台から単体で利用できるほか、「Datawatchサーバ」を導入することで大規模な利用やタブレットでの利用も可能になる。

 「Datawatchデスクトップ」は、分析するデータを取り込むための“Datawatchモデラー”と、取り込んだデータを様々なビジュアルチャートやグラフに変換する“Datawatchデザイナー”、作成したビジュアルチャートやグラフを表示するダッシュボードなどを包括したコアソフトウェア。数十種類のビジュアルチャートを表示できるほか、データフィルタリング機能やアラート機能などを備え、使用する機能に応じて利用者ごとにメニュー化できる。

 「Datawatchサーバ」では、「Datawatchデスクトップ」で作成したダッシュボードをサーバーへ公開できる。「Datawatchアナリスト(ビューワー)」は、サーバーを介してダッシュボードを閲覧する閲覧用ライセンス。本社のマネジメント層から外出先の営業担当者まで、PCやタブレット端末などで閲覧でき、迅速な状況把握とビジネス判断を支援する。

 KPSは、「Datawatchデスクトップ」をはじめとする各種ソフトウェアの販売から導入、コンサルティング、保守サポートまで、一貫したサービスを提供する。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか? 【SAS Institute Japan】 SAS Visual Analytics 【SAS Institute Japan】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】
BI BI BI BI BI
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか? BIを生かす秘訣は「Microsoft Office」との連携にあり 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057590


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ