Citrix、DaaS市場のグローバルトレンドを公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Citrix、DaaS市場のグローバルトレンドを公開


掲載日:2014/09/08


News

 Citrix Systems,Inc.(Citrix)は、調査レポート“Desktops-as-a-Service Global Market Trends:The Service Provider Perspective”(DaaSグローバル市場のトレンド:サービスプロバイダの展望)を公開したと発表した。

 同レポートは、DaaS市場の進展に関する実態を把握するため、Citrix Service Provider(CSP)に加盟するパートナー企業に調査を行なったもので、CSP Center of Excellenceが実施した調査結果を基に、Citrixが作成したという。

 調査結果では、サービスプロバイダが見るDaaS市場の傾向として売上成長の強さがあり、87%がDaaSの売上成長を見込んでいるとしている。そのうちの34%が16〜50%程度の成長を、19%が50%以上の成長を予測しているという。53%が様々なビジネス分野でのニーズに対応するため、基幹業務アプリケーション/モバイルデバイス管理サービス/クラウドベースのファイル共有サービスとDaaSを組み合わせたサービスバンドルの需要を見込んでいるとし、アプリケーションと機能セットを組み合わせたビジネス向けのデスクトップとワークスペースに対する高い需要があると述べている。

 また、サービスプロバイダがターゲットとする産業別市場の上位には、金融サービス(31%)/ヘルスケア(12%)/製造業(12%)/建設・建築・エンジニアリング(10%)が含まれていて、カスタマイズされたサービス/アプリケーション/機能による産業別市場への特化が見られるという。そのほかには、サービスプロバイダの20%が現在パブリッククラウドのIaaSからDaaSを提供していて、12ヵ月間のうちに同様に提供する予定だと回答したのは39%だったとし、DaaSを配信するためにパブリッククラウドへの移行は進んでいるが、まだ初期の段階にあるなどと伝えている。

 Citrixは、DaaS及びそのほかのホスティング型モバイルワークスペースを提供する世界中のサービスプロバイダが安定した売上成長を予測しているとしていて、特に、産業・業種に特化したサービスバンドルを通じての成長が見込まれていると述べている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術 【日商エレクトロニクス】 Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する 【日商エレクトロニクス】 “定石”は“落とし穴”? フェーズ別で理解する、VDIとの「上手な付き合い方」 【日商エレクトロニクス】 クラウド帳票サービス「OPROARTS Prime」 【日本オプロ】 AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果 【日本電気+他】
VDI VDI VDI 電子帳票システム システムインテグレーション
「VDI導入でサービス残業が増加……」、労働環境の悪化を防ぐ管理・運用術 Windows 10移行に必須のユーザープロファイル管理を「UEM」導入で効率化する 知っているだけでVDIはこんなにも変わる――エキスパートだけが知るVDI導入〜運用フェーズの“落とし穴”と“上手な付き合い方”を大公開。 帳票設計、帳票エンジンの機能に加え、帳票用のデータ取得や加工から生成した帳票の外部サービスの受け渡し等、帳票業務に係る機能をトータルで提供するクラウドサービス。 AIを活用したソリューションの開発を支援――AIベンダーとの協業で得られる効果
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057561



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ