DNP、手書きメモと音声をデジタル化できるデジタルペンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、手書きメモと音声をデジタル化できるデジタルペンを発売


掲載日:2014/09/08


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、紙に手書きした文字や図形をiPad・iPhoneなどでデジタルデータとして保存できる、米Livescribe社製デジタルペンシステム「Livescribe 3 スマートペン」を、ダイワボウ情報システム株式会社を販売代理店として企業・団体向けに発売した。

 「Livescribe 3 スマートペン」は、文字や図形を書く動きに合わせて、ペン先に内蔵された小さなカメラが紙に印刷された微細なドットパターンを読み取ることで筆跡を捉えるデジタルペンの技術を利用している。iPadなどiOS搭載端末(iOS 7以降)にあらかじめ専用アプリ「Livescribe+」をダウンロードし、Bluetoothでペンとのペアリングを行なうことで、手書きの文字や図形が自動で端末に送信され、デジタルデータとして保存される。同アプリは文字認識機能を備えていて、手書きされた文字の座標データを簡単な操作でテキストデータに変換できる。

 また、ノート紙の枠外に表示されている“record”(録音)ボタンにペン先で触れると、端末の録音機能が起動して周囲の音声を録音し、手書き情報と関連付けて保存できる。手書き・音声情報は、メールで送信できるほか、EvernoteやOneNoteへアップロードできる。

 今回発売されたのは「プロ版」と「通常版」の2種。付属のノートは「プロ版」がレザーノートカバー付き専用ジャーナルで、「通常版」はリングノートになっているほか、「プロ版」にはEvernote Premiumのライセンス1年分が含まれている。

 価格は、「プロ版」が2万5508円、「通常版」が1万9336円(いずれも税込)。消耗品となるノートなどは別途購入できる。


出荷日・発売日 2014年9月5日 発売
価格 「プロ版」2万5508円/「通常版」1万9336円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他スマートデバイス関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他スマートデバイス関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他スマートデバイス関連」関連の製品

KAITO セキュアブラウザ 【ソフトバンク コマース&サービス】 Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた? 【KDDI】 iPad向け手書き入力ツール 「7notes Pad+WC」 【ソフトバンク コマース&サービス】 「所有」と「利用」、働き方改革に適したクライアント環境はどっち? 【横河レンタ・リース株式会社】 「現場」からの情報共有改革 タブレット×クラウドサービス活用の成功事例 【インターコム】
その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連 その他スマートデバイス関連
端末にデータを残さず、盗難や紛失などのスマートデバイス特有のリスクから自社の情報を守ることが可能なスマートフォン・タブレット用セキュリティブラウザ。 Android Wear 2.0はApple Watchに追い付いた? 業務で利用するiPad上のWebアプリケーションを一切変更することなく、手書き入力を可能にするツール。ストレスのない、手書きによる日本語入力を実現。 「所有」と「利用」、働き方改革に適したクライアント環境はどっち? 「現場」からの情報共有改革 タブレット×クラウドサービス活用の成功事例

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057558


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > その他スマートデバイス関連 > その他スマートデバイス関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ