日商エレ、クラウド基盤用のオールフラッシュストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、クラウド基盤用のオールフラッシュストレージを発売


掲載日:2014/09/05


News

 日商エレクトロニクス株式会社(日商エレ)は、米国SOLIDFIRE社のオールフラッシュストレージシステム「SF3010」「SF6010」「SF9010」を発売した。

 「SF」シリーズでは、テナントの要望に合わせてQoSを設定できるため、ディスク容量/CPU/メモリ/キャッシュへの過剰投資が不要で、サービスレベルにあった効果的な価格設定が可能になる。Volume/アプリケーション/テナントごとにパフォーマンスと容量をそれぞれ管理できるため、カタログスペックでの容易なサイジングが可能。

 システム内には独立したフラッシュデバイスやコントローラが搭載され、リニアに容量やIOPS(Input Output Per Second)の向上を図れるため、小規模から利用を開始でき、ニーズに合わせてスケールアウトできる。48TBから3.4PB、最大750万IOPSに1筐体で対応できる。スケールダウンも容易に行なえる。

 RESTベースのAPI(Application Programming Interface)に対応し、ストレージや管理機能をコントロールできる。OpenStack/CouldStackとの連携など、APIを通して様々なアプリケーションのシステム管理を行なえる。また、圧縮/重複排除や、シンプロビジョニングのストレージ効率化により、GBあたりの価格を低減できる。

 サービス稼働に影響を与えずに、オンラインでファームウェアをアップグレードできる。また、データの管理/複製はコントローラに依存せず、個々のSSDドライブが独立していて、共有される。リアルタイムで2台のドライブにデータが複製されるため、ドライブやノードが壊れても異なるドライブでデータが保護される。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 バッチ処理時間の短縮で実感 オールフラッシュストレージの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】 x86サーバで徹底検証 NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか? 【レノボ・ジャパン】
NAS NAS NAS NAS NAS
導入前に知っておきたいオールフラッシュストレージの4つの効果 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 OpenStack連携・5年保証の実力派フラッシュストレージ導入事例 x86サーバで徹底検証、NVMe対応SSDで実際にどこまで狙えるのか?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057550


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ