SBT、日本マイクロソフト発表のアワードで最優秀賞を受賞

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、日本マイクロソフト発表のアワードで最優秀賞を受賞


掲載日:2014/09/05


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、日本マイクロソフト株式会社より発表された、“マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2014”において“Identity and Access コンピテンシー アワード”最優秀賞を受賞したと発表した。

 “マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー”は、日本マイクロソフトのパートナー企業の中から、30分野のアワードで革新的なソリューションの提供や実績を持つ企業が選出されるという。

 今回、SBTの受賞した“Identity and Access コンピテンシー アワード”は、「Active Directory Federation Services」(ADFS)を採用したID管理や、「Microsoft Forefront」のセキュリティ製品などの採用など、優れたID及びアクセス管理、セキュリティソリューションを構築したパートナーが受賞するものだとしている。

 SBTは、ユーザシステムの「Office 365」への移行支援に加え、クラウドサービスの利便性を高めるシングルサインオン環境の提供や、セキュリティを向上させる認証サービスの導入において評価されたという。特に、「Microsoft Azure」によるパブリッククラウドを活用して「Office 365」とActive Directoryを連携させる、クラウド認証基盤ソリューション「ADFS on Cloud」の導入実績が受賞につながったと伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 【ソフトバンク】 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 【ソフトバンク】 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 【ソフトバンク】 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 【ソフトバンク】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 垂直統合型システム
「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057545



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ