日本IBM、垂直統合型システムを管理するソフトの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、垂直統合型システムを管理するソフトの新版を提供


掲載日:2014/08/29


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、垂直統合型システム「IBM PureApplication System」を管理するソフトウェアの新版「IBM PureApplication Software V2.0(V2)」の提供を開始した。

 今回の新版では、マルチラック・デプロイメント機能が装備された。複数の、あるいは複数のデータセンター間で運用される同システムに対し、1つの管理コンソールからパターンを配布して管理できる。

 ストレージ仮想化技術“ブロック・ストレージ機能”に対応したことで、作成から破棄に至るデータのライフサイクルとアプリケーションのライフサイクルを分離できる。アプリケーションからデータを切り離したり、異なるアプリケーションに関連付けることで、可用性と運用保守の容易性を向上できる。また、ブロック・ストレージを複製することで、災害対策を想定した柔軟なシステム構築が可能になる。これらにより、継続的なサービス提供や災害対策などの連続的な可用性の向上を支援する。

 外部ストレージに対応し、既存資産を有効活用できるほか、分散共有ファイルシステム「General Parallel File System」を構築するパターンが提供される。更に、システムの障害と兆候を検知して、同社のサポートセンタに自動的に連絡するコールホーム機能が提供されるなど、運用保守の効率向上が図られている。

 パターン・エンジンも強化され、オープンソース技術であるOpenstack HEATやChefにも対応した。これにより、Heat Orchestration Template (HOT)ドキュメントを利用した展開や、Chefのオープンソースコミュニティで開発された様々なChefレシピの利用が可能になり、パターン構築の柔軟性が向上している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「垂直統合型システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「垂直統合型システム」関連情報をランダムに表示しています。

「垂直統合型システム」関連の製品

Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 Dell EMC VxRail HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)ソリューション 【DELL EMC】 「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説 【日本ヒューレット・パッカード】
垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム 垂直統合型システム
ハイパーコンバージド徹底検証:仮想化導入はどこまで容易になるのか? コスト比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システムはどちらがお得? ハイパーコンバージドインフラが引き出す「VDIのメリット」ってどんなもの? 遠く離れた拠点で、本社と変わらない業務アプリのパフォーマンスを手に入れる 「Windows Server 2016」に最適なHCIは? 新たな分散ストレージ機能を徹底解説

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057425


IT・IT製品TOP > 仮想化 > 垂直統合型システム > 垂直統合型システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ