NECネッツエスアイ、実証実験で情報配信サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECネッツエスアイ、実証実験で情報配信サービスを提供


掲載日:2014/08/29


News

 NECネッツエスアイ株式会社は、伊豆箱根鉄道株式会社が9月1日より一般社団法人日本民営鉄道協会の協力により実施する実証実験において、株式会社もしもしホットラインの協力のもと、利用者の場所に応じた情報配信ができるサービス「PlusZone」を提供すると発表した。

 「PlusZone」は、無線LANインフラの構築及び、サービス利用者が任意の無線LANエリアに入ってきた際、そのエリアに該当する店舗やクーポンなどの各種情報を、無線LAN経由でスマートデバイスにプッシュ型で配信するサービス。

 今回の実証実験は、伊豆箱根鉄道オリジナルアプリケーション「得ッパコ」を用いたロケーション連動型情報配信サービスで、伊豆箱根鉄道駿豆線の駅や電車、沿線商業施設などに設置したAPから配信される伊豆箱根鉄道や沿線商業施設などのお得情報、運行情報などを受信したり、沿線を巡るスタンプラリーに参加したりすることができるという。

 実験期間は9月1日から2015年2月28日まで、目的は伊豆箱根鉄道駿豆線沿線の活性化及び利用客の増加を図るためで、AP設置場所は伊豆箱根鉄道駿豆線の各駅(原木駅・牧之郷駅を除く)構内及び一部の車両内、三嶋大社や修禅寺などの沿線観光スポット、一部の情報・特典提供店舗になっている。

 「得ッパコ」をダウンロードした利用客は、伊豆箱根鉄道駿豆線の駅構内や、一部の車両内及び沿線観光協会の提携施設付近において、観光情報やクーポンなどの店舗情報を、みずから検索せずとも適切なタイミングで受信することができる。鉄道・沿線施設側は、「PlusZone」に付属するCMS(コンテンツ管理システム)テンプレートを利用することで、スマートデバイスやPCから配信コンテンツを作成でき、簡単に情報配信することができる。また、問い合わせに対するコールセンタ対応も実施し、利用者のサポートを行なうとともに意見を吸い上げ、サービスの強化につなげていくという。

 NECネッツエスアイは、この実証実験で得られたノウハウも活用して、「PlusZone」をはじめとした無線LANソリューションを軸に、観光地/地域エリアと、観光客とのコミュニケーションをサポートし、観光産業/地域の活性化を支援するとしている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 【日本ヒューレット・パッカード】 事業部門の「勝手クラウド」を封じるための情報シス部門の動き方 【日本ヒューレット・パッカード】 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 【サンブリッジ】 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 【サンブリッジ】 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方 【サンブリッジ】
データセンター運用 垂直統合型システム SFA SFA ファイル共有
IoT導入効果を最大化、データセンターの「シフトレフト」を実現するには? 企業におけるデジタル変革の議論の中で頻繁に議題に上がるのが「動きの遅い情報システム部門」排除論だ。果たして情シスは絶対悪か。批判の背景から問題の打開策を考える。 名刺管理とSFA/MAでマーケティングプロセスを確立、ROBOT PAYMENTのツール連携 Salesforce活用ベストプラクティス:顧客管理&営業プロセス最適化 Salesforce一体型名刺管理サービスで始める“売れるしくみ”の作り方
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057416



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ