NEXX、多言語対応のハンドライティング認識タブレットを受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEXX、多言語対応のハンドライティング認識タブレットを受注開始


掲載日:2014/08/27


News

 株式会社NEXXは、ハンドライティング認識タブレット3機種の受注を開始した。納期は在庫状況により即日から10営業日程度。

 今回受注開始されたタブレットでは、日本語の漢字/カタカナ/ひらがな/記号と数字、英語アルファベット、中国語2万3000の繁体/簡体文字、4941の特別香港文字、それに韓国語を認識できる。Unicodeに対応しているため、日本語OS上でも正確に表示できる。

 ツールバー“ウィンドウ・インターフェース”で、表示されているパッド上に1文字ごとにハンドライティングで入力すると、1文字ごとの認識結果が表示され、同時に5つの近似する候補がライブラリから表示される。間違っていた場合は、候補からペンタッチで選択することで修正でき、修正するごとに、利用者個人の筆跡の癖が登録されてDBが更新され、次回からは利用者の筆跡の特徴に応じた認識結果が表示される。また、7文字入力を終えると、自動的に指定のエディタ(Word/メモ帳など)に順次、認識された文字が転送される。

 標準設定で、草書体/行書体で書いた漢字や、自己流に崩した漢字、アルファベットの筆記体でつながった文字なども、優れた精度で認識できる。また、よく使う文字を個々にアプリケーションに記憶させられる学習メニューが提供される。組み込まれた人工知能で、利用者個人の筆跡の特徴を分析し、文字コードとのマッチングを自己増殖的に成長させていくことができる。

 UI上のパッドに手書きする時、表示される筆跡スタイルを好みに合わせて変更できる。筆跡の色は白黒モードとカラフルモード、筆跡の種類は、サインペン/マーカー/チョーク/毛筆/サボテン/ブラシなどの7種類から選択でき、文字の太さと基本色も選択できる。

 アプリケーションメニューから、手書き署名を書き、Officeのアプリケーションなどに挿入することもできる。サインペン/毛筆などを選択でき、筆圧感知機能で書道の文字のようにも表現できる。また、Officeの校閲/インク機能で、文書ファイルの表示画面上に直接手書きでアノテーション(注釈)を書き入れたり、イラストを加えたりできる。

 約18cm×11cmの携帯サイズで150gの「EZライター」と、卓上型で普及版の「YoYo」とハイエンドタイプの「Lohas」が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057372


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ