富士通、FCAで災害時のデータセンターの相互応援協定締結に合意

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、FCAで災害時のデータセンターの相互応援協定締結に合意


掲載日:2014/08/26


News

 富士通株式会社は、同社が事務局を務めるFCA(富士通系情報処理サービス業グループ)の会員企業94社のうち、38社において、災害時におけるデータセンタービジネスの相互応援協定締結について合意したと発表した。

 今回の協定は、災害発生時に各企業がデータセンターに関するサービス・物資(燃料・飲食料・防災備品)・技術者などの応援・協力を相互に実施するもので、データセンターサービスの継続や、迅速で円滑な復旧を目的としている。北海道から九州まで、全国のデータセンター52ヵ所における包括的な相互応援の枠組みとして、合同訓練などを実施しながら、協定の実効力を強化し、事業継続のための対策に取り組んでいくと述べている。

 FCAは、富士通製コンピュータを利用する計算センタによって設立された全国協業組織で、会員企業の発展のため、時代に即したテーマを取り上げ、経営・技術・ビジネス・教育における組織的な共同事業を推進しているという。

 同グループでは、阪神・淡路大震災をはじめとする大規模災害発生時には会員企業が相互に支援を行なうとともに、データセンターやシステムの安全対策のあり方を継続的に調査・研究してきたと述べている。今回、東日本大震災を契機とする官公庁・企業のBCPへの関心の高まりや、政府の南海トラフ巨大地震対策や首都直下地震対策を受けて、データセンターの事業継続性を向上する枠組みの検討を開始し、会員企業38社においてデータセンター間の相互応援のための協定締結に合意したと伝えている。

 今後は、協定締結に合意した38社以外のFCA会員企業の参画拡大を推進し、合同訓練の計画・実施などにより、協定の実効力を強化していくという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

驚きの“ビデオ会議”活用法、多彩なビデオ会議ソリューション 【ポリコムジャパン】 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 【ポリコムジャパン】 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ】 IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る 【PTC ジャパン】 企業間B2B/EDIデータ連携サービス OpenText B2B Managed Services 【GXS】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 LAN構築 開発ツール EDI
「ビデオ会議は会議室で使うもの」……その考えはもう古いかもしれない。ビデオ会議は会議室を飛び出し、思いも寄らない使い方をされている。そのエピソードを見ていこう。 少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由 東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか IoTアプリ開発事例集──10社の事例で「IoTの可能性と開発基盤の要件」を知る B2Bデータ連携を実現するEDIクラウドサービス。マッピング(データフォーマット変換)、テスト、取引先導入支援など、必要な作業をOpenText GXSのチームが支援する。
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057338



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ