CDNJ、短期間で手軽に導入できるDDoS攻撃防御サービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CDNJ、短期間で手軽に導入できるDDoS攻撃防御サービスを発売


掲載日:2014/08/26


News

 株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(CDNJ)は、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)などの大規模サイバー攻撃対策を行なうためのDDoS攻撃防御サービス「クラウド・セキュリティ」を9月1日に発売する。

 「クラウド・セキュリティ」は、同社のグローバルに分散配置した配信拠点(PoP)や、Anycast DNS(Domain Name System)、DDoS攻撃防御用の“セキュアードCDN配信プラットフォーム”で構成されたクラウドベースのDDoS攻撃防御サービス。主なDDoS攻撃(ネットワークやアプリケーションベースへの攻撃)のほぼすべてに対応し、迅速・的確に防御策を行なうことで、Webサイトを保護する。

 柔軟性・拡張性を備えた、高機能でクラウドベースのDDoS攻撃防御専用の“セキュアードCDN配信プラットフォーム”を活用することで、グローバルに分散配置している複数PoPがトラフィックを速やかに自動分散し、Webサイトに対するDDoS攻撃の負荷軽減を図れる。また、Anycast DNSと自動セキュリティ・システムを利用することで、Webサイトを標的にした異常なトラフィックの増加を検出・リアルタイム解析し、既知の攻撃パターンを自動遮断する。DDoS攻撃パターンは逐次蓄積してブラックリスト化されている。DDoS攻撃を受けた場合、正規と不正なトラフィックの両方が流入するが、正規トラフィックのみがWebサーバに送信される。

 これらにより、顧客からの信頼低下や収益の逸失、ブランド力の低下など、Webサイトのトラブルに起因するビジネスへの悪影響を回避できる。また、DDoS攻撃の脅威から自社のWebサイトをコスト効率的良く保護できるほか、DDoS攻撃の防御策を通じて、知識や技術レベルの向上を図れる。

 セキュリティ専門チームによる24時間365日対応のネットワーク監視体制が用意されていて、緊急時でも迅速な対応が行なわれる。また、サービス利用型で、既存システムへの変更不要で、DNS権限委譲のみで適用できるため、短期間で手軽な導入を図れ、業務負担を回避できる。


出荷日・発売日 2014年9月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

GRED Web 改ざんチェック Cloud 【ソフトバンク コマース&サービス】 改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
IPS IPS
Webサイトの改ざんの有無を定期的にチェックし、Webサイトの安全性を確保するSaaS型セキュリティサービス。 Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057325


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ