リンク、クラウドのように使える物理サーバのRAIDモデルを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リンク、クラウドのように使える物理サーバのRAIDモデルを提供


掲載日:2014/08/25


News

 株式会社リンクは、物理サーバの追加/削除/コピーなどをGUIで操作できる、ベアメタル(OSの入っていない物理サーバ)クラウドサービス「ベアメタル型アプリプラットフォーム」で、RAIDモデルのマシンの提供を開始した。

 「ベアメタル型アプリプラットフォーム」は、GUIで物理サーバを数十分でプロビジョニングできる上、サーバーコピーやスナップショットといったクラウド機能も利用できる。また、オーバーヘッドやネットワーク性能・I/Oの低下といった仮想化の問題点を回避できるため、物理サーバのパフォーマンスを維持しながらクラウドの利便性も享受できる。

 今回提供されるRAIDモデルでは、小規模構成でも障害時のダウンタイムを短縮でき、サービスの停止時間を最小化できる。Xeon E3系4コアのCPUが採用され、メモリは16GB、ストレージはSATA 1TB×2(RAID 1)で、価格は初期費用が無料、利用料が日額1400円または月額3万4800円。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

高いと諦めていた、SAPの災害対策サイトをクラウド活用で実現 【インターネットイニシアティブ+他】 クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版 【日本マイクロソフト】 Talend Studio 【Talend】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
災害対策の重要性は理解していても、SAPのような大規模システムではどう着手してよいか分からないという企業は多い。クラウドを活用し、コストを抑えたDR手法を紹介する。 高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける? 最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版 AWSで構築するビッグデータシステム――低コスト分析基盤で顧客の好みを把握

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057316


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ