ジャストプレイヤー、WikiベースのCMSの新版/OEM版などを提供

IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジャストプレイヤー、WikiベースのCMSの新版/OEM版などを提供


掲載日:2014/08/25


News

 ジャストプレイヤー株式会社は、Webサイトの制作/運営の簡素化を図れる、WikiをベースとしたCMS(Contents Management System)「WIKIPLUS」をバージョンアップし、エンタープライズ版「WIKIPLUS」の提供を開始した。

 今回のバージョンアップでは、エンタープライズ版「WIKIPLUS」の機能を、「WIKIPLUS Ver2」系に統合することで、簡素なUI(ユーザインターフェース)でありながら、ワークフローや承認プロセス、大規模なサイトに対応できるほか、Webデベロッパー向け機能の向上が図られている。

 複数の編集者/承認者が各自の権限範囲によってワークフローを作成するUIが簡便化され、ユーザの追加/削除などを行なうアドバンストモードのUIも刷新された。また、ページプロパティからデザインテンプレートを選べ、ページごとに変更できるようになった。

 『Webデザイナーと編集/運用者との権限管理の分離と共同作業の実現』などが考慮され、Webデザイナーにとっても管理/運用しやすくなるよう、機能の向上が図られている。

 また今回、オンプレミス版/OEM版もリリースされる。システム管理者に必要とされる技術習得の削減を図るため、OS標準のパッケージシステムに準拠し、様々なミドルウェアをパッケージャーの機能で自動的にインストールできる。OEM向けにサーバー管理の円滑化を図るため、Webホスティング・マネージャーが搭載された。

 1インスタンス(Apache VirtualHost)ごとのリソース利用率が見直され、1つのサーバー内で1000サイト超の収容量に対応できる(同社実績ベース)。そのほか、高速化/省リソース化(FastCGIへの対応)が図られ、バグ修正や、新機能を容易に追加できる処理のリファクタリング、PHP 5.3への最適化などが実施されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CMS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CMS」関連情報をランダムに表示しています。

「CMS」関連の製品

CMS「NOREN」 【のれん】 Webコミュニケーションプラットフォーム Sitecore on Cloud 【ソフトバンク・テクノロジー】 「売り上げに貢献しないWebサイト」の7つの特徴とは? 【イノーバ】 Webサイト構築プラットフォーム「RCMS」 【ディバータ】 オープンソースCMS「Drupal」導入サービス 【デジタルサーカス】
CMS CMS CMS CMS CMS
複雑な組織構造や承認フローなど、関係者が多い国内企業特有のWebサイト運用を支えるCMS。Web担当者が戦略立案と実行に注力できる効率的なWebサイト運用を実現。 多機能なCMS基盤にマーケティング機能(アクセス解析、A/Bテスト、ターゲティング)を備えたWebプラットフォーム。安定したインフラ基盤と運用監視サービスも併せて提供。 「売り上げに貢献しないWebサイト」の7つの特徴とは? 豊富な標準機能が強みの国産CMS。コーポレート、求人、情報配信、EC・ポータルなど、多岐に渡るサイトの構築・運用管理を得意とし、2000社以上への導入実績がある。 コンテンツ管理、会員管理、キーワード検索、RSS配信など豊富な機能を搭載しつつ、誰でも無料で利用可能なCMS「Drupal」を豊富な経験を持つエンジニア/デザイナーが支援。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057307


IT・IT製品TOP > WEB構築 > CMS > CMSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ