IIJ、メールセキュリティクラウドを送信ドメイン認証DMARCに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IIJ、メールセキュリティクラウドを送信ドメイン認証DMARCに対応


掲載日:2014/08/22


News

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、企業のメールシステムに求められるセキュリティ機能をクラウドサービスとして提供する「IIJセキュアMXサービス」で、送信ドメイン認証技術“DMARC(ディーマーク)”に8月24日から対応する。

 “DMARC”は、送信元を詐称した迷惑メールへの対策に利用できる技術の1つ。既に標準化された技術であるSPFとDKIMの両方の認証に失敗したメールに対して、送信元ドメインの管理者が“そのまま通す”“隔離する”“受信拒否する”といった処理方法をポリシーとして宣言できる。これにより、自社のドメインを悪用して送られるスパムメールやフィッシングメールを排除する効果を高められるなど、ユーザのドメインから送信されるメールの信頼性の確保を図れる。

 「IIJセキュアMXサービス」では、メール受信時に“DMARC”の認証結果をラベル付けでき、受信者がドメイン管理者のポリシーに沿って対応できるようになる。メールサーバ改修などの手間やコストをかけずに、“DMARC”の認証結果にもとづいて詐称メールを振り分けたりできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 急増する「脅威メール/標的型・ランサムウェア」あらゆる企業に必要な対策は? 【ファーストサーバ】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【双日システムズ】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 国内でも被害が急増するマルウェア ポイントを絞った対策が有効 クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057302


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ