カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティ製品の新版を提供


掲載日:2014/08/22


News

 株式会社カスペルスキーは、データセンターやクラウドサービスベンダなど仮想化環境を利用している法人向けのセキュリティ製品の新バージョン「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Agentless」英語版の提供を開始した。価格は最小構成の1CPUあたり16万円。

 「Kaspersky Security for Virtualization Agentless」では、各仮想マシンにエンドポイント保護プログラムをインストールしないエージェントレス方式が採用されていて、仮想アプライアンスが各仮想マシンのアンチウイルス処理やネットワーク攻撃防御を行なう。ウイルス定義情報の更新は仮想アプライアンスのみが実施し、各仮想マシンでの実施が不要。仮想マシン上の同一ファイルをスキャンしない共有キャッシュの機能を備え、同じファイルが別の仮想マシンで開かれた場合はスキャンがスキップされる。

 今回の新バージョンでは、Webからファイルをダウンロードする時のスキャンチェック機能に加え、保護対象のゲストOS上で悪意のあるURLを検知した場合、そのWebページへのアクセスをブロックできるようになった。保護対象のゲストOSからアクセス可能な、リムーバブルディスク上のファイルスキャン機能も追加された。また、VMware vSphere 5.5に対応したほか、ファイルシステム保護対象のゲストOSにWindows 8.1やWindows Server 2012 R2などが追加された。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成の1CPUあたり16万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ 【シマンテック】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT(R)」 【日立ソリューションズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057297


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ