採用:ヤマヒサ、ウイングアーク1stの「Dr.Sum EA」でデータ分析

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ヤマヒサ、ウイングアーク1stの「Dr.Sum EA」でデータ分析


掲載日:2014/08/22


News

 ウイングアーク1st株式会社は、株式会社ヤマヒサのペットケア事業部が、2007年よりBI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」によるデータ分析・活用を、経営層をはじめ営業部門や経営管理部門、開発部門、品質管理部門などの部門で展開していることを発表した。

 ヤマヒサのペットケア事業部では、商品を開発していく上で、様々なアイテムのデータを分析し、消費者の動向に合わせた売れ筋商品を提供することが求められていたという。しかし、営業部門から各商品の販売状況を知りたいといった依頼を受けた際に、その都度システム部門や営業管理部門が基幹業務システムからデータを抽出して加工していて、煩雑な手間と時間がかかるなど、社内でデータを有効活用するための環境が十分ではなかったと伝えている。

 課題解決のため、データ検索や集計のレスポンスや様々な部門をまたいだデータ活用が行なえるサーバーライセンスである点を評価し、「Dr.Sum EA」を導入したと述べている。

 同ソリューションでは、基幹業務システムのデータに加え、各代理店(卸業者)の販売データや、契約を結んだ大手流通・小売業のPOSデータなど、社外から集められたデータも同じ仕組みで公開しており、社内外のデータソースを統合することで、サーバーに蓄積された総データ量は6000〜7000万件に達していると伝えている。また、社内ポータルサイトから直接ログインできるようにして、メニューも部門ごとに分かりやすいように配置し、見たいデータを柔軟な切り口で参照したり、分析したりできる仕組みを提供していると述べている。

 営業部では、販売データから売れ筋商品や店舗への導入状況などを分析し、営業活動での企画・提案に役立てているほか、グループウェアからは各営業担当者の活動スケジュールや訪問実績などの履歴データも集められ、一定期間内にどの顧客に対して、どの担当者が何度コンタクトをとったのかを確認できるようにしていると伝えている。

 また、食品企画開発課では、新商品開発の時に、過去の類似品などからシリーズ展開するアイテムを選定することに役立てていて、導入前に比べ、正確なデータ分析を基に企画・開発が行なえるようになったと伝えている。更に、購買部では、毎月の仕入れ計画を立てる際や商品の欠品や在庫が過剰気味になるなどのトラブルに対して、その原因を追及するために活用していると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI BI BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
従来のBIではムリ!いかにして全社員が分析できるようにするか? 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057276


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ