ゾーホージャパン、クラウド会計ソフトを日本語など10言語に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ゾーホージャパン、クラウド会計ソフトを日本語など10言語に対応


掲載日:2014/08/20


News

 ゾーホージャパン株式会社は、クラウドサービス群「Zoho」の会計ソフト「Zoho ブックス」を、日本語を含む10言語に対応させた。米国ゾーホーコーポレーションから月額24ドルで販売/サポート提供される。

 「Zoho ブックス」は、中小企業や個人事業主向けのクラウド型会計ソフト。オンラインで収入/支出の取引や口座管理を容易に実行/記録/共有できるなど、経理業務の負担削減/効率化を図れる。また、貸借対照表や損益計算書など、財務状況の把握を支援する各種レポートも作成できる。今回新たに対応した10言語は、Androidアプリでも利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額24ドル

「ゾーホージャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

MJS_会計システムソリューション 【ミロク情報サービス】 毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは 【ラクーン】 経営基盤ソリューション SuperStream-NX 【日立システムズ】 予算編成システム BizForecast(ビズフォーキャスト) 【プライマル】 MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
経理部門の負担をなくすには? 会計システム選定のヒントを公開 毎月定額の請求業務を自動化、確実な代金回収まで可能になるサービスとは 豊富な実績を誇る国産経営基盤ソリューション。会計・人事給与のシステムは個別導入が可能。また、経営分析ソリューションでリアルタイムに経営状況の可視化を実現する。 各企業における最適な予算編成を実現するグループ経営管理システム。「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」を兼ね備え、経営管理の効率化を支援する。 上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057247


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ