富士通など、IT創薬でがんを標的とする新規活性化合物を創出

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通など、IT創薬でがんを標的とする新規活性化合物を創出


掲載日:2014/08/19


News

 富士通株式会社は、東京大学 先端科学技術研究センター(東大先端研)と興和株式会社とともに、コンピュータ上で仮想的に設計・評価するIT創薬により、がんの原因となるタンパク質(標的タンパク質)の働きを抑える医薬品の候補となり得る新規活性化合物を創出することに成功したと発表した。

 富士通と東大先端研は、2011年6月にIT創薬の共同研究を開始し、同年7月に、これに興和が参加したという。

 今回の共同研究の期間は2014年4月から2015年3月で、体制は東大先端研がシステム生物医学ラボラトリー、富士通が未来医療開発センター研究開発統括部 バイオIT開発室、興和が医薬事業部東京創薬研究所になっている。主な役割分担として、東大先端研は疾患を引き起こす原因と考えられるタンパク質の情報提供を行ない、富士通はIT創薬による低分子化合物の設計・評価、興和は低分子化合物の合成と実験による阻害活性測定、及びコンピュータを用いた低分子化合物探索を実施しているという。

 同共同研究では、東大先端研が研究している“疾患を引き起こす原因と考えられるタンパク質の情報”を基に、IT創薬によるものと、従来の低分子創薬技術とコンピュータを用いた低分子化合物探索の併用によるものという2つの方法で、がんを標的疾患とする創薬研究を進めてきた。

 また、この共同研究の間、富士通は株式会社富士通研究所とともに、IT創薬技術の改善を重ね、精度と性能を向上してきたという。

 今回の共同研究を通じ、IT創薬による新規活性化合物のほかにも、創薬研究の推進において重要な情報を与える複数の低分子化合物を得たとし、今後3者は、前臨床評価をめざして、これまでの研究で得た低分子化合物の改良を進めることを決定したと述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057208



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ