JNPR、米国企業の“SDN進捗レポート”を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JNPR、米国企業の“SDN進捗レポート”を発表


掲載日:2014/08/19


News

 ジュニパーネットワークス株式会社(Juniper)は、米国企業を対象としたSDN(Software Defined Network)の導入意向に関する調査“SDN進捗レポート”を発表した。

 Juniperは今回、米国企業の400名のITに関する意思決定者を対象に、将来的なネットワークの構築に関する計画について調査したという。

 同調査では、SDNテクノロジーの導入意向が二極化していることが明らかになり、全体の半数以上にあたる52.5%の企業がSDNの導入を計画していると回答した一方、残る47.5%の企業はまだ導入意向がないことが分かったと述べている。

 SDNを導入する計画があると回答した企業の74%は2015年内に導入する予定であると回答し、30%は1ヵ月以内に導入計画に着手する予定であるという。

 しかし、企業はSDNの導入を進める上で様々な課題や潜在的な障壁に直面しているとし、今回の調査で挙げられたのは、コスト(50%)が最も多く、その次に既存システムとの困難な統合(35%)、セキュリティ上の懸念(34%)、社内人材のスキル不足(28%)だとしている。

 SDN導入の進捗については、全体の4分の1以上(27%)は、SDNの導入に対する準備が“完全”あるいは“ほぼ完全”に整っていると回答し、全体の38%は“ある程度”整っていると回答したとしている。

 また、SDN導入のメリットについては、ネットワークのパフォーマンス及び効率性の向上(26%)、ネットワーク運用の簡素化(19%)、運用コストの削減(13%)を挙げているという。

 SDNの導入に期待することの上位は、高可用性と障害復旧性(30%)、アナリティクスとレポーティング(23%)、自動化と迅速なプロビジョニング(19%)、オープンソースの選択肢(12%)、拡張性(10%)という結果だったと伝えている。

 今後の展望としては、SDNの導入計画において短期的には企業の二極化が見られるが、回答した企業の77%は今後5年間において大半のビジネス・ネットワークがSDNテクノロジーを導入するようになると考えているという。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 ファイルサーバスリム化 「活文 File Server Optimizer」 【日立ソリューションズ】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
勤怠管理システム ワークフロー サーバー管理 BI 開発ツール
シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 ファイルサーバの状況を可視化し、不要ファイル候補をピックアップ。
不要ファイルの削除によりファイルサーバの増設を抑止。
ファイルの自動分類・検索で業務効率を向上。
導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057206



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ