採用:SMRT、NECのエコ・ドライブセンサなどを採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:SMRT、NECのエコ・ドライブセンサなどを採用


掲載日:2014/08/19


News

 日本電気株式会社(NEC)は、同社の海外現地法人であるNECアジアパシフィックが、シンガポールの公共交通サービス機関であるSMRTコーポレーション向けに、バスの運行サービス向上を支援するソリューションを提供すると発表した。

 NECアジアパシフィックがSMRTに提供するソリューションは、各バスに「エコ・ドライブセンサ」を搭載することによりバス運転者の運転特性をリアルタイムに集計・分析が可能な“テレマティクス・システム”を提供し、安全な運行を支援するものだという。具体的には、各バスに搭載した同センサが走行状態をリアルタイムに集計し、急加速や急減速、一定時間以上制限スピードを上回ったり、急な車線変更を検知した場合は、運転席に設置したライトで運転者に注意・警告を行なうことができる。これらの運転履歴・各経路における運転状況や運転者のプロフィールを、ビッグデータ技術を用いて分析するという。

 バスの走行状況については、GPS機能と、NECの“デッドレコニング(推測航法)・アルゴリズム”を合わせて利用することにより、運行しているすべてのバスの正確な位置情報をリアルタイムに把握することができる。これにより、コントロールセンタにいるバス経路管理者は、スクリーンマップ上でバスの運行状況を把握しながら、適切な配車判断が可能となった。また、各バスが適切な時間間隔で運行できるよう、自動で各バスに指示を出すことにより、バス利用客の待ち時間軽減を支援すると述べている。

 SMRTは順次、同製品の搭載を進め、合計で1200台のバスで利用する予定だと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057194


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ