日本HP、省スペースの一体型POSとモジュラー型POS端末を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、省スペースの一体型POSとモジュラー型POS端末を出荷


掲載日:2014/08/19


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、省スペースのタッチスクリーンディスプレイ一体型POS(Point of Sale)システム「HP RP2 Retail System」(HP RP2)と、モジュラー型POS端末「HP RP5 Retail System Model 5810」(Model 5810)の出荷を8月下旬(予定)に開始する。

 「HP RP2」では、スタイラスや手袋でのタッチも可能な5線式抵抗膜方式タッチパネル採用のエントリーモデル「Model2000」と、マルチタッチ操作に対応する投影型静電容量方式タッチパネル採用のミッドレンジモデル「Model2030」が用意されている。インテルのクアッドコア・プロセッサを搭載しているほか、角度や高さを変更できる14.1インチワイド液晶タッチスクリーンディスプレイの左右と上部にそれぞれ一体型周辺機器用USBポートを備え、磁気カードリーダやWebカメラなどの周辺機器を装着できる。ファン非搭載で、防塵性/防水性は保護等級IP54に適合し、水回りが近い飲食店やスペースの限られたカウンターなど、ファン搭載のPOS製品では設置が難しい環境でも運用できる。標準3年保証が付帯する。

 「HP RP5」は、小売や飲食/サービス業など向けのPOS端末向けPCシリーズ。今回出荷される「Model 5810」は、第4世代のインテルCoreプロセッサや最大32GBのメモリ、拡張可能なストレージを搭載している。様々な周辺機器や追加の拡張機器に対応できるため、運用環境に応じた構成が可能。カウンター内部に組み込むモジュラー型POSや、店舗サーバ、デジタルサイネージプレーヤ、KIOSKコントローラなどの組み込みPCといった様々な用途に適している。約5年間販売されるので、長期的な導入計画に対応できる。

 両機種とも、OSはWindows 7(Windows 8.1のダウングレード権を利用)またはWindows Embedded POSReady 7から選択できる。

 価格は、「HP RP2」が16万円から、「Model 5810」が17万8000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 「HP RP2」:16万円〜、「Model 5810」:17万8000円〜

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057189


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ