ASUS、Chrome OS搭載の法人・教育機関向けノートPC/小型PC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ASUS、Chrome OS搭載の法人・教育機関向けノートPC/小型PC発売


掲載日:2014/08/19


News

 ASUSTeK Computer Inc.(ASUS)は、動作が軽くセキュリティに優れたGoogle社のChrome OSを搭載した「ASUS Chrome」シリーズ3製品を法人・教育機関向けに発売する。価格はいずれもオープン価格。

 今回発売されるのは、それぞれ13.3インチ/11.6インチ液晶を搭載したクラムシェルタイプ2製品「ASUS Chromebook C300MA/C200MA」と、小型ボックスタイプの「ASUS Chromebox」。「ASUS Chromebook」2製品は9月上旬以降、「ASUS Chromebox」は8月中旬以降に順次納品される予定。

 「ASUS Chromebook」は、「C200MA」が最長約11時間、「C300MA」は最長約10時間のバッテリ駆動が可能。高負荷時に周波数が2.41GHzに自動的に向上する(通常時2.16GHz)CeleronプロセッサN2830を搭載している。「C200MA」は厚さ19.8mm/重さ約1.1kg、「C300MA」は厚さ20.3mm/重さ約1.4kgと薄型・軽量。キーピッチ19mmのフルサイズキーボードと、スクロールやスワイプといったマルチタッチ操作に適した大型のタッチパッドを備えているほか、ノートPCとしては大型のチャンバー(空気室)を備えた高音質のステレオスピーカーを搭載し、プロジェクタやテレビなどに接続できるHDMI端子も備えている。

 「ASUS Chromebox」は、幅124mm×奥行き124mm×高さ42mmとコンパクトで、VESAマウントに対応する液晶ディスプレイやテレビなどの背面に取り付けることができる。小型の本体にUSB 3.0を4ポートとメモリカードリーダを搭載し、画面出力端子としてDisplayPortとHDMIを1ポートずつ備え、1000BASE-Tに対応するLANポートや、オーディオ入出力端子も備えている。無線のキーボードとマウスも付属する。CPUは性能対消費電力比に優れたCeleronプロセッサ2955Uを搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

クライアント環境に関するアンケート(2017年9月) 【アイティメディア】 Windows 10の「WaaSモデル」がアップデート環境を変える、その4つの要点を解説 【日本マイクロソフト】 PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 【大塚商会】 Windows 10移行の“困った”を解消、少ない人員・時間で確実に導入するには? 【大塚商会】 「上司がテレワークに否定的」をどう変える? 働き方改革のポイントを探る 【レノボ・ジャパン株式会社】
ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン ノートパソコン
クライアント環境に関するアンケート(2017年9月) Windows 10の「WaaSモデル」がアップデート環境を変える、その4つの要点を解説 PCリプレースが働き方改革の好機に――「Windows 10」移行で得られる安心と快適 Windows 10移行の“困った”を解消、少ない人員・時間で確実に導入するには? 「上司がテレワークに否定的」をどう変える? 働き方改革のポイントを探る

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057160


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ