ハミングヘッズ、サイバー攻撃対策ソフトの画面表示を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハミングヘッズ、サイバー攻撃対策ソフトの画面表示を強化


掲載日:2014/08/18


News

 ハミングヘッズ株式会社は、サイバー攻撃対策ソフト「ディフェンスプラットフォーム(DeP)」に新機能を追加し、未知のウイルスに対応しやすくした。

 今回追加された“警告パネルお助け機能”では、未知のウイルスや標的型攻撃を捕捉した場合や、ユーザが初心者の場合に、表示される警告パネルの判断を助けるために、ほかの「DeP」ユーザが同じ場面でどう判断したかという統計情報が表示される。「DeP」ユーザの“止める”“続ける”という選択結果が集計され、判断材料として提供される。

 “システムパネル”では、PCの様々な状況が“特に問題なし”の場合は青、“状況により対応した方がよい”場合は黄、“早急に対応が必要”な場合は赤で表示され、容易に把握できる。“DETAIL”をクリックすると、詳細が表示される画面に移行する。CPU処理/HDDアクセス/通信の速度などに加え、HDDの空き容量やデフラグの状態、物理的な傷み具合などが表示される。また、セキュリティレベルに加え、検知した結果がカウントされて表示される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

Palo Alto Networks Traps 【パロアルトネットワークス】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は? 【シマンテック】 米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 4億を超えるマルウェアからシステム負荷をかけず端末を多層防御する技術を実現 米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057154


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ