マウスコンピューター、NVIDIA Quadro K1100M搭載モバイルWS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マウスコンピューター、NVIDIA Quadro K1100M搭載モバイルWS発売


掲載日:2014/08/08


News

 株式会社マウスコンピューターは、法人専用PCブランド“MousePro”で、3D CADを利用した建築・製造設計、工業デザイン、3D CG制作などの3Dアプリケーション業務をサポートする専用グラフィックス「NVIDIA Quadro K1100M」を搭載した15.6インチモバイルワークステーション(WS)を発売した。また、販売を停止していた、「NVIDIA Quadro K3100M」搭載モデルの販売を再開する。

 今回発売されたモバイルWSは、4K解像度に対応する2系統のDisplayPort出力を備え、高解像度マルチディスプレイ環境の構築や、大型の共有ディスプレイへの拡張表示など、製品単体で優れた機能性と生産性を達成できる。また、TPM1.2セキュリティチップを標準搭載し、Windows 7 Professional/UltimateやWindows 8.1 Proに搭載されたBitLocker機能と組み合わせることで、製品の盗難/紛失時に情報流出の防止を図れる。また、SSDのカスタマイズメニューが用意されていて、予算や業務内容に合わせて、適切な仕様を優れたコストパフォーマンスで構成できる。

 「MousePro-NB976S1-WS-1408」は、Core i5-4210Mプロセッサ、4GBメモリ、180GB SSD、NVIDIA Quadro K1100Mを搭載している。「MousePro-NB976X1X-WS-1408」は、Core i7-4710MQプロセッサ、16GBメモリ、256GB SSD、500GB HDD、NVIDIA Quadro K1100Mを、「MousePro-NB976S3-WS-1408」は、Core i5-4210Mプロセッサ、8GBメモリ、240GB SSD、NVIDIA Quadro K3100Mを、「MousePro-NB976X3X-WS-1408」は、Core i7-4710MQプロセッサ、32GBメモリ、512GB SSD、NVIDIA Quadro K3100Mを搭載している。

 いずれも、Windows 7 Professional with SP1 64ビットを搭載しているほか、Windows 8.1 Pro Update 64ビット搭載モデルも選択できる。また、標準で1年間の無償ピックアップ保証、24時間365日電話サポートが付属しているほか、製品の保証期間内ならば、一部修理部品の先出し発送サービスを無償で利用できる。

 価格は、「MousePro-NB976S1-WS-1408」が13万7800円、「MousePro-NB976X1X-WS-1408」が17万6800円、「MousePro-NB976S3-WS-1408」が20万4800円、「MousePro-NB976X3X-WS-1408」が27万9800円(いずれも送料別)。


出荷日・発売日 2014年8月7日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057131


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ