ソフトバンク、BGG株式を追加取得し発行済み全普通株式を保有

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトバンク、BGG株式を追加取得し発行済み全普通株式を保有


掲載日:2014/08/08


News

 ソフトバンク株式会社は、8月5日、米Brightstar Global Group Inc.(BGG)の発行済普通株式のうち、マルセロ・クラウレ氏が間接的に保有する全普通株式(発行済普通株式の 37.7%)を取得することについて、同氏と合意したと発表した。

 BGGは、ソフトバンクの子会社で、移動通信分野に特化した卸売事業を展開する米Brightstar Corp.の完全親会社。ルセロ・クラウレ氏は、BGG及びBrightstarのPresident and CEOならびにそれらの子会社及び合弁会社の各役職を務めている。同氏は、BGGの普通株式を、同氏がその持分の100%を保有する会社を通じて保有しているという。

 ソフトバンクは、1月にBrightstarを子会社化し、グループ内で携帯端末の共同調達を進めるなど、日米の移動通信事業の強化に取り組んできたという。今回、同社と一体的な経営体制を構築して協業を深化させることで、大きなシナジーを創出できるとの判断に至ったことから、同取引を決定したと伝えている。

 今回の取引により、ソフトバンクはBGGが現在発行済みである全普通株式を保有することになると伝えている。なお、BGGが従業員ストックオプションプランに基づきBGG及びその子会社の従業員に付与するオプションと、ソフトバンクが保有する、BGGの普通株式を僅少な金額で取得する権利がすべて行使された場合、ソフトバンクの同社に対する株式所有割合は、90.8%(希薄化後)となるとしている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057124



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ