富士通FIP、パブリックIaaSを東西日本で提供しDR利用等を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通FIP、パブリックIaaSを東西日本で提供しDR利用等を可能に


掲載日:2014/08/07


News

 富士通エフ・アイ・ピー株式会社(富士通FIP)は、パブリック型IaaS(Infrastructure as a Service)「HyConnect/オープンパブリック」で、既に横浜データセンターを拠点にサービスを提供している東日本リージョンに加え、大阪千里データセンターを拠点とした西日本リージョンでの提供も開始した。

 「HyConnect/オープンパブリック」は、仮想マシンやディスクをユーザ自身がセルフポータルから自由に増減できる時間課金のサービスで、ビジネスの状況に合わせた迅速な環境構築とコストの最適化を図れる。価格は、1VM(0.5vCPU/1GBメモリ/15GBディスク)で1時間約6円から。

 今回、西日本リージョンでの提供も開始されたことで、ユーザは自社のシステム要件に合わせて東日本と西日本の2つのリージョンからサービス拠点を選択できるほか、災害対策に向けたICT基盤としても利用できる。既に大阪千里データセンターで同社のIaaS「HyConnect/プライベート」などを利用しているユーザは、同一センタ内で「HyConnect/オープンパブリック」と構内接続するハイブリッドクラウドを構築できる。

 災害対策としては、「HyConnect/オープンパブリック」の東日本リージョンや、同社ホスティング/ハウジングなどの既存ユーザが、西日本リージョンにディザスタリカバリ(DR)システムを構築して利用できる。平常時はコールドスタンバイ構成とすることでコストの最適化も図れる。また、自社内にデータを持つユーザは、東西に分散してバックアップを行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1VM:1時間約6円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

「Microsoft Azure」徹底解説 開発者が知っておきたい導入と活用のポイント 【日本マイクロソフト】 SDDC構築の“最短経路” 「SDDC as a Service」を具現化したサービスとは? 【ディーネット+他】 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 【日本マイクロソフト】 オンプレミスを「消費型モデル」で利用する、柔軟で俊敏な次世代IT基盤 【日本ヒューレット・パッカード】 アプリ開発者の弱点はクラウドデータサービス? クラウドを最大限生かすコツは 【日本マイクロソフト】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
「Microsoft Azure」徹底解説 開発者が知っておきたい導入と活用のポイント 「SDDC」は、中堅・中小企業こそが取り組むべき課題である。実際に構築するとなると、どのような手段を採用すべきなのか。具体像を探る。 最新クラウド戦略:ベストプラクティスとともに基礎から応用までを徹底解説 オンプレミスのIT環境を従来の所有型モデルから、使った分だけ支払う消費型モデルへと移行するメリットは計り知れないほど大きい。そのメリットと構築のポイントを解説する アプリ開発者の弱点はクラウドデータサービス? クラウドを最大限生かすコツは

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057093


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ