ホットリンク、SNSから消費者の嗜好性を導き出すサービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ホットリンク、SNSから消費者の嗜好性を導き出すサービスを開始


掲載日:2014/08/07


News

 株式会社ホットリンクは、DSP業者/CRMツールベンダ/DMPサービスベンダ/広告主企業向けに、消費者のソーシャルメディア(SNS)への投稿データに基づく消費者の興味関心や特定ブランドへのロイヤリティーレベルが数値化され提供される、ソーシャルプロファイリングデータ提供サービスを開始した。

 同サービスでは、企業や広告配信業者などが所有する自社顧客のTwitterIDまたはユーザ名を、同社に送ることで、自社顧客のソーシャルプロファイルが提供される。API経由と、手動のデータ送受信に対応する。消費者の興味関心ジャンルの分類軸は、事前要望に応じて変更できる。

 広告配信業者が消費者の興味関心に基づくターゲティング広告の配信精度の向上を図れるほか、企業がCRM活動で、まだ購買履歴がない消費者へより適切なレコメンデーションを行なうことを支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】 YARNをコアとしたHadoopで小売事業者のビッグデータ分析を強化 【ホートンワークスジャパン】 IoTの付加価値を最大化させる「ビッグデータ分析環境」とは? 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは “YARN”でレベルアップしたApache Hadoop、実用事例を多数公開 「自動車ビッグデータ」の事例で学ぶHadoopの使い方 Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057077


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ