モフィリア、指静脈認証デバイス向けSDKの対応OSを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


モフィリア、指静脈認証デバイス向けSDKの対応OSを拡充


掲載日:2014/08/06


News

 株式会社モフィリアは、指静脈認証デバイス向けソフトウェア開発キット(SDK)のラインアップを改め、対応OSを拡充した。

 同社の指静脈認証技術は、LEDから発光された近赤外光を指静脈に当て、体内で散乱した光をCMOSセンサで効率的に撮像する、反射散乱方式を採用している。また、個人の生体情報を、高速転送や大量保存に最適したサイズに圧縮できる。

 今回の新ラインアップでは、デバイス内/サーバー内認証のクライアント用モジュール「MSDK-DCL-02」がWindows/Mac OS/Linux/Androidに対応しているほか、サーバー内認証のサーバー用モジュール「MSDK-SAS-02」がWindows/UNIX/Linuxに対応している。両モジュールとも、インターフェースはUSBで、対応デバイスは「FVA-U2SXA」「OA11」「M1ST」「SA31-ENR」。また、今回変更がない、RS-232C接続向けソフトウェア開発キット「MSDK-R1NW」も用意されている。

 これらにより、サードパーティの開発者が、Android/Windows/Mac OS/Linuxなど様々なOSの端末で動作する、指静脈認証を活用したソリューションを開発できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「モフィリア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】 AXIOLE 【ネットスプリング】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057069


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ