採用:国土交通省、NECの「土地総合情報システム」を採用

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:国土交通省、NECの「土地総合情報システム」を採用


掲載日:2014/08/06


News

 日本電気株式会社(NEC)は、国土交通省土地・建設産業局が一般向けに公開している「土地総合情報システム」を構築し、同Webサイトが8月1日にリニュアルオープンしたと発表した。

 「土地総合情報システム」のWebサイトは、不動産取引価格情報検索や都道府県の地価公示情報が閲覧可能で、安定的な不動産投資の促進や市場の活性化、安心・安全な不動産取引のための、土地に関する情報の把握と提供を目的として2006年4月より運用されているという。従来は、地価公示公開の際にアクセスが集中し、利用者が閲覧するページの表示までに時間がかかったり、土地情報に関わる地図データなど、データサイズが大きい地図などのスクロール表示のレスポンスにも課題があったと述べている。

 同Webサイトでは、これらのレスポンスの向上に加え、直感的に目的とする場所や周辺の現況を把握したいというニーズに応えるために、国土交通省国土地理院が無償で提供する地理院地図と連携し、航空写真の表示も可能になった。

 同Webサイトを支えるシステムは画面表示にあたり、アクセス集中時のシステム負荷を分散させるため、従来、システム側で利用者が選択した“行政区画情報”や“駅の座標・属性情報”を画像化して配信していたのを、テキスト形式で軽量なデータ交換フォーマット“JSON形式”で配信する仕組みにしている。また、地図のスクロール表示に関しても、スクロールの差分の読み込みに対応するJavaScript(Ajax)の地図API連携方式を採用することで、高速な処理を行なうことが可能になり、表示速度を向上させたとしている。

 航空写真の表示については、地理院地図の電子国土基本図(航空写真)を利用するため、どのWebページにも様々な地図を重ね合わせて表示できるオープンソースの“Web地図表示ライブラリ”を利用し、地理院地図と連携させることで可能になったと伝えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057049


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ