チェック・ポイント、データセンター向けセキュリティGWを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


チェック・ポイント、データセンター向けセキュリティGWを拡充


掲載日:2014/08/05


News

 Check Point Software Technologies Ltd.(チェック・ポイント)は、データセンター向けセキュリティ・ゲートウェイ(GW)のラインアップに「Check Point 13800アプライアンス」「Check Point 21800アプライアンス」を追加し、受注を開始した。価格はそれぞれ1733万円/2363万円から。

 「Check Point 13800アプライアンス」は、最大3800SecurityPower Units(SPU)、実運用環境でのIPS(侵入防御システム)スループット6.5Gbpsというパフォーマンスを達成している。1GbEポートを最大26基または10GbEポートを最大12基まで搭載でき、接続の柔軟性が強化されている。

 「Check Point 21800アプライアンス」は、最大4300SPU、実運用環境でのIPSスループット7Gbps。オプションの「Security Acceleration Module」を装着した場合、ファイアウォール・パフォーマンスは最大110Gbpsで、ファイアウォール遅延は5マイクロ秒以下に抑えられている。1GbEポートを最大37基または10GbEポートを最大13基まで搭載できる。信頼性と保守性にも優れ、運用管理コストを抑えられる。

 両製品とも、複数のセキュリティ防御を統合する4つの事前定義されたセキュリティ・パッケージ「Next Generation Firewall」「Next Generation Threat Prevention」「Next Generation Data Protection」「Next Generation Secure Web Gateway」を利用して、要件に沿った多層防御のセキュリティを導入できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IPS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IPS」関連情報をランダムに表示しています。

「IPS」関連の製品

改ざん検知・瞬間復旧ソリューション WebARGUS(ウェブアルゴス) 【デジタル・インフォメーション・テクノロジー】
IPS
Webサイトを常時監視し、サイバー攻撃・標的型攻撃によって万一改ざんされても、瞬時にそれを検知して1秒未満で元通りに自動修復できるセキュリティ対策ソフト。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057037


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > IPS > IPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ