EMCジャパン、経営におけるITの役割に関する意識調査を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、経営におけるITの役割に関する意識調査を実施


掲載日:2014/08/05


News

 EMCジャパン株式会社は、同社のプライベートイベント“EMC FORUM 2014”の参加登録者を対象に、経営におけるITの役割をどのように考えているかという意識調査を実施し、その結果を発表した。

 調査期間は7月31日〜8月1日で、調査対象及び調査方法は“EMC FORUM”への参加登録後、登録者に対して任意でアンケート調査を実施し、日本国内の企業の業務部門及びIT部門の管理者と役員、テクニカル アーキテクト、データ サイエンティスト、ストレージ/インフラストラクチャ マネージャを含む合計168名から回答を得たという。

 今回の調査結果から、これまでIT活用の焦点は“効率の向上”と“コスト削減”と考えられていたが、“ITはビジネスの成長を実現するとともに、顧客との緊密な関係を築くことが戦略的要素の1つである”と考えられてきていることが明らかになったと述べている。

 また、企業のIT基盤のクラウドへのシフトも進んでおり、“プライベートクラウドとパブリッククラウドを連結したハイブリッドクラウド環境がセキュリティやアジリティ(俊敏性)を向上することに役立つ”と考えている回答者の割合は79%に達したという。

 更に、ITの未来について次のような課題も浮き彫りになったと述べている。1つは、“ビジネスの優先項目の達成に必要で適切なレベルのスキルと知識を社内で保有している”と回答した人の割合は38%、2つめは回答者の74%が、“今後1〜2年間において、ITイノベーションのスキルのペースについていくことは難しくなるだろう”と回答したとしている。

 3つめは企業の72%が“ITはビジネス変革の実現要素(イネーブラ)である”と評価している一方で、そのほとんどの企業(71%)が“新しいITテクノロジーへの支出はIT部門の管理対象外である”と回答しており、依然としてIT部門は投資への意思決定者の信頼を得るための努力が必要であることを示唆していると述べている。その他、回答者の49%が、“未来のIT部門はPaaS(Platform-as-a-Service)及びパブリック/プライベートクラウドを含むオンデマンドサービスの社内プロバイダとしての役割を果たすことになるだろう”と認識していると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

実例:経営企画室長、グループウェア導入で組織風土を変える 【リスモン・ビジネス・ポータル】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】
グループウェア 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 フィルタリング
ツールの導入は簡単だが、定着して効果が出るかは別問題。グループウェア導入から約1年で組織風土を変革、離職率低減の成果を上げた企業は、何に取り組んだのかを取材した EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057027



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ