採用:ATMI、Varonisのファイル共有ソリューションを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:ATMI、Varonisのファイル共有ソリューションを導入


掲載日:2014/08/05


News

 Varonis Japan(Varonis)は、同社のオンプレミス・ファイル共有ソリューション「DatAnywhere」をATMI社に導入したことを発表した。

 「DatAnywhere」は、既存のファイルサーバをプライベートクラウドのファイル共有に利用できる。データセンターなどの外部に預けずに、安全に場所やデバイスを問わず、クラウドファイル共有と同等の手軽さで効率的なコラボレーションを可能にする。

 ATMI社は、Entergris社の子会社で、半導体・ディスプレイ・ライフサイエンス産業向けプロセス材料及びプロセス技術を提供する企業。

 同社の管理部門は、会社のデータを会社の管理の手が届かないクラウドサービスに預けることが深刻な脅威を引き起こし、情報漏洩の可能性に繋がることを理解していたが、多くの従業員は手軽で簡単だという理由でクラウドベースのファイル共有サービスの個人アカウントを使っていたという。

 今回、セキュリティや管理の2重化などの観点から、膨大な量の会社のデータを既存の社内ファイルシステムからクラウドなどの外部保存先に移動することはしたくないものの、急速に増えはじめたコラボレーションへの社内からの要望の高まりに取り組む必要があったことから、「DatAnywhere」を選択したと伝えている。

 同ソリューションの導入においては、社内のファイルシステムで導入しているセキュリティそのものによりデータが保護され、社内セキュリティポリシーの変更も不要だったと伝えている。また、モバイル端末からのファイルへのアクセスでも、社内ファイルサーバの権限をそのまま利用できるため、利用者にとって権限のないフォルダは表示されず、不用意に無関係のフォルダへアクセスして漏れることを回避でき、ファイル共有用の新たな権限設定も不要であるため、システム管理部門の運用管理の2重化も不要になったと述べている。

 また、不要になったアクセス権やアカウントの整理、現状での権限付与の可視化、ファイルの追跡やリストア時の作業負荷の削減などの課題解決のためにも、同ソリューションを導入したと伝えている。同ソリューションでは、監査証跡を確認できるほか、従業員のファイルアクセスでの不審な動きにはアラート設定も可能で、アクセス権の設定ミスやその管理のずさんさがないか日々レビューし、安全なデータアクセス環境を構築するために活用していると述べている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイル共有」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイル共有」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイル共有」関連の製品

人脈の共有で「情報発信」も「働き方」も改革、近畿大学の名刺管理ツール活用術 【Sansan】 「建前からの脱却」で生産性向上――働き方改革実現に必要な風土改革とは? 【Sansan】 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? 【Sansan】 ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 【Sansan】 「残業するな」は逆効果? 経営をプラスに導く働き方改革のポイント 【Sansan】
ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有 ファイル共有
人脈の共有で「情報発信」も「働き方」も改革、近畿大学の名刺管理ツール活用術 「建前からの脱却」で生産性向上――働き方改革実現に必要な風土改革とは? 名刺は「企業の宝」、その利活用がもたらす3つのメリットとは何か? ビジネスを変える、デジタルトランスフォーメーション推進のための方策とは? 「残業するな」は逆効果? 経営をプラスに導く働き方改革のポイント

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057014


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > ファイル共有 > ファイル共有のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ