AXSEED、MDMをWindows 8.1に対応し3OSの統合管理を可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


AXSEED、MDMをWindows 8.1に対応し3OSの統合管理を可能に


掲載日:2014/08/05


News

 株式会社AXSEEDは、モバイル端末管理(MDM:Mobile Device Management)システム「SPPM2.0」をバージョンアップしてWindows 8.1搭載のタブレット/PCに対応させ、Windows/iOS/Androidの3OSを統合管理できるようにし、8月(予定)に提供を開始する。価格は、1台あたり月額150円。

 「SPPM2.0」は、OMA(Open Mobile Alliance)が策定したOMA-DMに対応し、端末管理/サーバ端末間通信設定/Log収集/異常検知・通報/緊急時端末ロック/端末初期化(Windows 8.1はパスワード入力連続失敗回数による初期化)/パスワード管理などのMDM機能を備えている。

 Agentアプリ管理(リモートバージョンアップ)に、Android/iOS端末で対応していて、Windows 8.1端末でも対応する予定。また、Android/iOS端末ではROOT化/JAILBREAK検知に、Android端末では緊急時データ削除に対応している。


出荷日・発売日 −−−
価格 1台あたり月額150円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「MDM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「MDM」関連情報をランダムに表示しています。

「MDM」関連の製品

BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? 【日本アイ・ビー・エム】 スマートデバイス仮想化基盤 Avast Virtual Mobile Platform 【日立ソリューションズ】 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか 【ヴイエムウェア+他】 モバイルPC 盗難・紛失対策サービス 【日立ソリューションズ】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】
MDM MDM MDM MDM MDM
BYOD導入を決めた企業が心掛けるべき「10のオキテ」とは? スマートデバイスの活用、BYODの実現を支援する仮想化基盤ソリューション。スマートデバイス向け仮想化基盤により、情報漏洩リスクの軽減とデータの公私分離を実現。 ワークスタイルの広がりで管理範囲も工数も急増 管理手法はどう変わるべきか モバイルPCに対してリモートロックやリモートワイプ等によるセキュリティ対策を提供。盗難にあったPCの回収支援も行う。 仕事をするにはやっぱりWindows 10モバイルが便利。でも、管理はどうすれば……

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057011


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > MDM > MDMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ