EMC、スケールアウトNASをフラッシュキャッシュに対応、新機種も

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMC、スケールアウトNASをフラッシュキャッシュに対応、新機種も


掲載日:2014/08/04


News

 EMCジャパン株式会社(EMC)は、膨大な量の非構造化データの取り込み/格納/保護/管理能力の向上を支援する、スケールアウトNAS「EMC Isilon」のOSの新バージョン「OneFS 7.1.1」と新しいストレージ「Isilon S210」「Isilon X410」の提供を開始した。価格は個別見積。

 「Isilon」は、NFS(Network File System)/SMB/NDMP/OBJECT via ViPRなど、複数のプロトコルやアクセス手法に対応する。また、ホームディレクトリやファイル共有などの従来型の環境と、アナリティクスやクラウド アプリケーション、モバイル同期/共有などの次世代環境に対応する。

 今回提供される「OneFS 7.1.1」には、フラッシュベースのキャッシュ“SmartFlash”が実装されているため、より迅速にデータへアクセスでき、単一クラスタで1PB規模までキャッシュ用の容量を拡張できる。これにより、従来型の環境と次世代環境の両方を通じ、管理環境を簡素化できるほか、フラッシュ効率が向上し、レイテンシーが短縮される。

 「Isilon S210」は、クラスタあたり最大375万のIOPSを実行でき、柔軟な構成と拡張に対応する。メディア/エンターテインメントや金融サービス業界などの高負荷なトランザクション環境に適している。また「Isilon X410」は、コストを抑えながらスループットが向上していて、HadoopアナリティクスやHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)、エンタープライズファイルアプリケーションなどに対応できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 高速性・信頼性・経済性を追求、高密度SSD対応フラッシュストレージの実力は? 【日本ヒューレット・パッカード+他】
NAS NAS NAS NAS NAS
専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 Watson活用成功のカギを握るストレージ技術とは? オールフラッシュで基幹系のコストはどれだけ削減できる? 「高密度SSD対応フラッシュストレージ」で得られるメリットを詳細解説

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20057005


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ