UBIC、エアーのメール製品と連携した電子証拠製品の提供を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBIC、エアーのメール製品と連携した電子証拠製品の提供を開始


掲載日:2014/08/04


News

 株式会社UBICは株式会社エアーと業務提携し、UBICの人工知能搭載メール監査サービス「Lit i View EMAIL AUDITOR」とエアーのメールアーカイブ製品「WISE Audit」を連携した、電子証拠を平時から有事まで連続して管理するソリューション「ESI Manager」の提供を開始したと発表した。

 今回の「Lit i View EMAIL AUDITOR」と「WISE Audit」を連携させたソリューションにより、企業は日々アーカイブされるメールやファイルを、人工知能を用いながら効率的に監査モニタリングを行なうことが可能となり、監査に掛かるコストを圧縮しながら、独占禁止法などに係る法的リスクや、内部からの情報漏洩などのリスクから企業、従業員を守ることが可能になると伝えている。

 UBICはナレッジベースといわれる“言葉と行為を点数化”したDBを持ち、これをエアーが持つデータを管理するデジタルアーカイブソリューションと連携させることにより、これまで監査モニタリングの運用において障壁となっていた“キーワード解析”への依存度を減らすことに成功したと述べている。

 同ソリューション連携により、企業において訴訟や行政調査が行なわれる可能性が高い場合、証拠の散逸、消失を防ぐ“データ保護(訴訟ホールド)”をシームレスに行なえるようになる。また並行して、案件が収束するまでの間、どの証拠保管者(カストディアン)のデータを保管すべきかの記録管理が行なわれ、昨今問題化しているパテントトロールからの訴訟など、複数の案件に直面する大企業を、誤った証拠消失に係る法的制裁リスクから守れる。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 【Splunk Services Japan】 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 【Splunk Services Japan】 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 【Splunk Services Japan】 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 【Splunk Services Japan】 怖いのは罰金ではなく信頼失墜 GDPRで向き合うべき企業の課題とは 【Splunk Services Japan】
プロジェクト管理 統合ログ管理 ビッグデータ 統合ログ管理 統合ログ管理
ある半導体製造企業が「マシンデータ分析」で製造プロセスを大きく改善 EU「一般データ保護規則」(GDPR)対策の遅れを短期間で取り戻す方法 ビッグデータ活用ガイド:50種類以上のデータごとに活用事例を解説 企業が対応すべき「20のセキュリティコントロール」とは? 施行が迫るEU版個人情報保護法「GDPR」。残された時間でGDPRが求める高いレベルの個人情報保護を実現する方法はあるのか。企業の課題となるポイントを解説する。
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056988



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ