ワイモバイル、オフィスの内線子機としても使えるPHSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワイモバイル、オフィスの内線子機としても使えるPHSを発売


掲載日:2014/08/01


News

 ワイモバイル株式会社は、様々なビジネスの現場で利用できる法人用PHS「BISINESTA 301JR」を8月1日(予定)に発売する。

 「BISINESTA 301JR」は、内線用の電話機として使える“自営標準第2版”に対応していて、事務所用のコードレスシステムに対応したPBXに登録すれば、オフィスの内線子機として社屋内でもそのまま使用できる。また、FMCサービス「W-VPN」にも対応し、外出先でも内線番号で呼び出せるほか、オフィスの電話機とケータイ間で、定額料金で音声通話できる。

 IPX5/IPX7相当の防水機能と、IP5X相当の防塵性能に対応していて、病院や飲食店、工事現場などでも利用できる。

 日報や勤怠報告などに利用できるブラウザや、通話録音/ICレコーダ、紛失時に利用できるリモートロック、業務に不要な機能を時間帯によって制限できる管理者ロックなどの機能を搭載している。また、カメラが非搭載なので、セキュリティ上カメラ持ち込みが禁止されている場所でも利用できる。

 内蔵型のアンテナに加え、引き出し型アンテナが搭載され、通信品質の安定化が図られている。雑音低減を図るノイズキャンセラー機能も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056967


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > 携帯電話 > 携帯電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ