UBIC、ビッグデータ解析の画面表示に係る2件の日本特許を取得

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


UBIC、ビッグデータ解析の画面表示に係る2件の日本特許を取得


掲載日:2014/08/01


News

 株式会社UBICは、「Lit i View」の画面表示に係る2件の日本特許を、7月4日に取得したと発表した。

 同社は、企業が保有するビッグデータ解析のためのプラットフォームとして「Lit i View」を提供している。同プラットフォームは、同社独自の人工知能応用技術の1つである「Predictive Coding」(特許第5567049号)を搭載することによって、人間の有用な知識を蓄積・活用できるソフトウェア上の専門家「Virtual Data Scientist」を提供し、ビジネス推進に役立つ情報をビッグデータから抽出することを可能とした製品群。

 これらの製品は、米国訴訟における電子証拠開示(eディスカバリ)にともなう文書分別作業において、膨大な未分別文書を高速・高精度で自動分別することに加え、不正調査・メールの自動監査など、新分野を展開してきたという。

 今回取得した日本特許は「Predictive Coding」により、国際訴訟において重要な業務である、ドキュメントレビューの品質をより高める技術で、これは企業内において弁護士やパラリーガルの証拠閲覧の際の仕分けに対する品質を明確に表示できることを意味すると伝えている。自動的にクオリティーチェックを行なうことに加え、レビュアーに対して、レビューの品質を効果的にフィードバックする画面表示(レビューヒットマップ)について、広い範囲・多様な形態でカバーするものであると伝えている。

 1件目の出願番号は特願2013-188296、特許番号は特許第5572252号で、特許出願日は2013年9月11日、特許登録日は2014年7月4日となっている。

 2件目の出願番号は特願2013-213717、特許番号は特許第5572255号で、特許出願日は2013年10月11日、特許登録日は2014年7月4日となっている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 【ソフトバンク】 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 【ソフトバンク】 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 【ソフトバンク】 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 【ソフトバンク】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 垂直統合型システム
「Skype for Business」の課題を解消、高音質・低価格の電話会議システムとは? 導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って? 顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性 接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056959



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ