日立ソリューションズ、グローバルなコラボを支援する基盤を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソリューションズ、グローバルなコラボを支援する基盤を発売


掲載日:2014/08/01


News

 株式会社日立ソリューションズは、プロジェクトメンバーが自由なコミュニケーションをリアルタイムに行なえる「活文 Team Idea Sharing」(活文TIS)を8月1日に、企業や組織を越えたグローバルなコラボレーションを支援する情報共有基盤「活文Managed Information Exchange」(活文MIE)を9月1日に発売する。価格はいずれもオープン価格。

 「活文TIS」では、メンバーのタブレット端末に図を表示したり、書き込んだ情報をその場で共有したりできる。専用アプリケーションに入力した情報を、サーバーやクラウドを利用せずにリアルタイムに共有でき、画面に手書きできるため細かいニュアンスまで伝えられる。AXサイズ相当の設計図面やCAD図面・Office文書・PDF・テキストデータ・画像などを読み込め、それらのコンテンツを拡大・縮小することで、デザインや仕様の詳細を確認しながらコミュニケーションを行なえる。

 「活文MIE」は、効率的な共創作業を行なえるワークスペースで、企業・組織間の業務のやり取りやコンテンツを時系列に一元管理でき、コミュニケーション中に発生したコンテンツの版を管理できる。組織やプロジェクト単位でアクセス権をきめ細かく設定できるほか、閲覧可能な期間や印刷制御も設定できる。外部に送ったコンテンツの閲覧権限を失効させることもできる。また、大容量コンテンツをインターネット回線で海外へ高速転送できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

「日立ソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報共有システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報共有システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他情報共有システム関連」関連の製品

名刺管理サービス CamCard Business 【ソフトバンク コマース&サービス】 ペーパーレス会議システム 「V-CUBE ドキュメント」 【ソフトバンク コマース&サービス】 Windowsタブレット向けクラウドサービス 「seap for Windows」 【ソフトバンク コマース&サービス】 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか 【アイティメディア株式会社】 動画ソリューション PIP-Maker 【ソフトバンク コマース&サービス】
その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連 その他情報共有システム関連
名刺データ化から、共有、商談管理、顧客管理までをカバーする名刺管理サービス。 iPad、Androidタブレット、PCからも利用が可能なマルチデバイス対応のペーパーレス会議システム。同じ資料を見ながら、その資料に書き込みやマーキングが可能。 ビジネスニーズの高い「カタログ」「アンケート」「ラーニング」の3つのアプリがオールインワンされたWindowsタブレット向けクラウドサービス。 根強い「Microsoft Office」の人気、情報共有ツールのクラウド活用は進むのか PowerPointで作成したプレゼンテーション画面に、音声合成で商品やサービスの説明を行う3Dアバターを組み合わせて、訴求力の高い動画コンテンツを作成できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056949


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > その他情報共有システム関連 > その他情報共有システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ