dit、マルウェア特定や感染の追跡が可能なソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、マルウェア特定や感染の追跡が可能なソフトを発売


掲載日:2014/07/31


News

 株式会社ディアイティ(dit)は、ウイルスを含むマルウェア感染が確認された際、拡散の防止や原因追究などの迅速な対応を図れるソフトウェア「CAPLogger(Communication And Process Logger)」を8月1日に発売する。価格は、100ユーザで10万円から(別途初期費用が必要)。

 「CAPLogger」は、PCで実行される通信のログを記録するだけでなく、すべてのプロセスと通信情報を紐づけ、通信の“見える化”を行なう。これにより、IPS(侵入防御システム)などでマルウェアが検知された際も、PC内のマルウェアを特定でき、関連プログラムの存在や、マルウェアの起動原因などを迅速・容易に把握できる。

 PC上の不審なファイルを適切に処理するソフトウェア「SFChecker」と連携させることで、「CAPLogger」で判明したマルウェアに感染した、ほかのPCの発見も容易になる。


出荷日・発売日 2014年8月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056940


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ