SBT、ファイア・アイの標的型攻撃対策製品の取り扱いを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBT、ファイア・アイの標的型攻撃対策製品の取り扱いを開始


掲載日:2014/07/31


News

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社(SBT)は、ファイア・アイ株式会社と同社の標的型攻撃対策製品「FireEye」の国内販売一次代理店契約を締結したことを発表した。

 「FireEye」は、従来型のセキュリティ対策を回避する高度な標的型攻撃に対して、独自開発の仮想基盤を用いたシグネチャ不要の解析により未知の脅威を検出するアプライアンス製品。ファイアウォールやIPSなどシグネチャベースの既存機器と連携させることで、既知・未知の攻撃を多段的かつ包括的に防ぐ、セキュリティ環境を構築できる。

 SBTによると、標的型攻撃を含むサイバー攻撃は組織化・複雑化してきており、従来のセキュリティ対策の手法だけでは防げないものも増えてきている。このような脅威に対応する手段として、同社は今回標的型攻撃対策において技術を持つファイア・アイが提供する同製品の取り扱い開始を決定したと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ? 【発注ナビ】 日経人事ウオッチPro 【日本経済新聞社】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 DaaS選びを基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策 【ニフティ】 SAP HANA VoraとMapRが連携、「ビッグデータ+ERPデータ」統合分析基盤を実力は 【レノボ・ジャパン株式会社】
システムインテグレーション CRM 暗号化 VDI PCサーバ
システム開発7つの疑問──開発会社を選ぶ「金額以外の基準」って何だ? もう新聞チェックは不要、6700社・30万人のプロフィールから人事情報を自動収集 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント DaaS選びを基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策 ERPデータとビッグデータ分析の連携を実現する SAP HANA Vora + MapR
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056926



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ