パーソナルメディア、SSDにも対応したデータ消去ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


パーソナルメディア、SSDにも対応したデータ消去ソフトを発売


掲載日:2014/07/31


News

 パーソナルメディア株式会社は、SSD搭載PCにも対応したデータ消去ソフトウェア「ディスクシュレッダー5」を7月31日に発売する。

 「ディスクシュレッダー5」は、SSDのセキュア消去機能により確実にデータを消去できる。消去可能なHDD/SSDは、IDE/EIDEのATAタイプとシリアルATAタイプで(SCSIや特殊IDEアダプタ接続のHDD、USB接続などの外付けHDDやSSDは非対応)、HDDとSSDの台数は合計8台まで、区画(パーティション)やファイル形式、内蔵のOSは任意となっている。また、消去対象ディスクにデータ消去済みであることを記録する“消去済みスタンプ機能”も搭載し、処理済みかどうかを後から確認できる。

 利用回数は無制限で、すべての操作方法が日本語で表示される。メディア(CDまたはFD)1枚で起動し、HDDやSSDの全区画の内容を完全に消去するため、PCに搭載されたOSとは無関係に実行可能で、OSやファイルが壊れて起動できないPCのHDDも処理できる。また、TRONプロジェクトの組込み向けリアルタイムOSで、64ビットデバイスへの対応機能が追加された「T-Kernel 2.0」が採用されていて、1TBを超える大容量のディスクにも対応している。

 「スタンダード/FD版・CD-ROM版」は、データ上書き時は“乱数1〜5回書き込み”と“NSA推奨方式”の合計6通りのほか、セキュア消去方式も選択可能で、消去記録をUSBメモリに保存できるログ機能を搭載している。「スーパー/FD版・CD-ROM版」は「スタンダード」の消去方式やログ機能に加え、データ上書き時は9回までの乱数書き込みや、グートマン推奨方式など、様々な消去規格に準拠した消去作業が可能となっている。また、「ライト/FD版・CD-ROM版」は、データ上書き時の消去方式が“乱数1回書き込み”固定で、セキュア消去時も自動選択のため、簡易に操作できる。10枚以上を一括購入する場合は、データ上書き時の消去方式を変更できる「消去方式変更サービス」が提供される。

 なお、大量のPCを効率よく処理するために起動後のキー操作を不要にした「フルオート版」や、操作画面を英語にした「英語版」など、ユーザのニーズに合わせたカスタム製品の提供も可能。


出荷日・発売日 2014年7月31日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 ビジネスの成長を加速するデジタルワークスペースの作り方 【ヴイエムウェア】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する IT技術者への人材ニーズが高まる一方で労働人口は減少へ向かう。人材獲得のためにも働き方改革は必須だ。組織風土とITの両面から、働き方改革を成功に導くポイントを探る。 働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056919


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ