日本HP、ライフサイクル全体でデータを保護する製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、ライフサイクル全体でデータを保護する製品を発表


掲載日:2014/07/30


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、ライフサイクル全体でデータを保護するための新しい暗号化機能と情報保護、制御ソリューションを発表した。

 「HP Atallaソリューション」は、高度な保護機能を備え、オンプレミスやクラウドの保存データに加え、機密性の高いメール、支払い情報、電子カルテなどの非構造化データも保護できるほか、適切なパフォーマンスと柔軟性をサポートしながら、追加の保護機能で、機密データの漏洩阻止を図れる。

 「HP Secure Encryption」を「HP Enterprise Secure Key Manager 4.0(HP ESKM 4.0)」と併用することで、暗号化制御を統一して自動化でき、機密データへの不正アクセスを防止できる。「HP ESKM 4.0」は、一貫したセキュリティコントロール、鍵サービスの自動化、管理の一元化を図れ、分散インフラストラクチャで暗号化鍵の管理コストと手間の軽減を図れる。HPハードウェアとの統合も容易で、サーバーパフォーマンスの低下を回避して、暗号化鍵の安全性確保と管理を図れる。「HP ESKM 4.0」は、「OASIS Key Management Interoperability Protocol(KMIP)」にも対応していて、オープンスタンダードに基づいて暗号化鍵を管理できる。

 「HP Atalla Cloud Encryption」は、暗号化中に鍵の結合と分割を行なう“スプリットキー”という方法で暗号化を行ない、パブリック/プライベート/ハイブリッドクラウド環境での暗号化と鍵管理の手間軽減を図れるほか、「HP ESKM」と統合することで、セキュリティアプライアンスを使用して、オンプレミスで自動的にマスタキーを管理/保護できる。

 「HP Atalla Information Protection and Control(IPC)」ソフトウェアは、作成からコラボレーション、保存まで、データのライフサイクルの各段階で企業の機密データを保護する。情報に基づいて暗号化することで、データの場所を問わず、ライフサイクル全体を通して保護できるほか、統合不要で、ビジネスプロセスに容易に組み込める。

 HP Enterprise Security製品とサービスは、脅威のライフサイクルの様々な段階で攻撃者を阻止できるほか、リスクの管理、顧客のセキュリティ機能を拡張することで、総合的に保護する。「HP Atalla」は、データの作成と同時に損失を防止でき、攻撃者が鍵を使用して復号化を行なわないようにブロックする。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

Linuxサーバデータ暗号化ソリューション SERVER GENERAL 【ソフトエイジェンシー】 マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
導入も簡単で透過的な、Linuxサーバデータ暗号化ソリューション。
鍵管理や権限別アクセス管理などが容易に実現でき、情報セキュリティの運用負荷を大幅に軽減する。
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 ・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056917


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ