エプソンダイレクト、廉価な10.1型Windowsタブレットを受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エプソンダイレクト、廉価な10.1型Windowsタブレットを受注開始


掲載日:2014/07/30


News

 エプソンダイレクト株式会社は、10.1インチWXGA(1280×800ドット)液晶を搭載しながら廉価なWindowsタブレット「Endeavor Sシリーズ TB20S」(Endeavor TB20S)の受注を開始した。

 「Endeavor TB20S」は、上下左右170度の広視野角なIPS方式を採用しや“あざやかグレア液晶”を備えている。幅258mm×奥行き173mm×高さ11mm/重さ約690gと軽量コンパクトで、可搬性に優れている。

 用途に合わせて選択できるよう、2つのパッケージモデルが用意され、ストレージ容量32GB、Officeソフトなしの「エントリーモデル」と、ストレージ容量64GBでタッチ操作に対応したOffice Home and Business 2013をプレインストールした「スタンダードモデル」から選択できる。

 また同社は、従来はキッティングBTO(Build To Order)サービスで販売されていた、POS端末・デジタルサイネージ・工場管理用機器など特定用途向けのOS「Windows Embedded 8.1 Industry Pro 64ビット」搭載モデルの見積もり・受注をオンラインショッピングサイトで開始した。同モデルの出荷は8月下旬(予定)から順次開始される。

 一般販売モデルをベースにした「Endeavor JE」シリーズ5モデルがラインアップされている上、一般販売モデルに比べ選択できるBTOメニューなどが簡素化され、Web販売を行なうことで、簡便に購入手続きを行なえる。

 「Endeavor JE」シリーズは、デジタルサイネージコンテンツ表示アプリが標準でプレインストールされている。また、法人ユーザ向けキッティングBTOサービス「Windows Embedded インストールサービス(カスタムイメージ)」では、Windows 7 Professional SP1 for Embedded System(64ビット/32ビット)も選択でき、一般販売モデルと同じBTOに対応するなど、様々なカスタマイズを行ないたいユーザ向けに今後も継続される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

タブレットの業務利用、活用成功に導く情報武装の5つのオキテ 【インフォテリア】 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 【富士通】 付加価値の高いサービス基盤を効率よく整備する際に必要なこと 【東日本電信電話】 スタッフ研修のコストを削減、自主学習を促す仕組みの作り方 【インフォテリア】 シニア層も事業者も簡単に始められる、タブレットでICTサービス 【東日本電信電話】
タブレット タブレット タブレット タブレット タブレット
タブレットの業務利用が本格化 営業活用を成功に導く情報武装の5つのオキテ 5年間で3割のコスト削減、焼津市役所のタブレット活用に学ぶ業務改革 高齢者を含む一般消費者向け事業の成否は、いかに付加価値の高いサービスを提供できるかにかかっている。そのサービス基盤を効率よく整備する際に必要なことを考えていく。 スタッフ研修のコストと時間を削減、空き時間の自主学習を促す仕組みの作り方 高齢者に寄り添ったビジネス展開の新たなる武器 かんたんタブレットの実力は?

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056908


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ