この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、Cisco Master Specializationを取得


掲載日:2014/07/28


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)は、Cisco Systems,Inc. (Cisco)のパートナー企業認定制度“Specialization”で、Ciscoのコラボレーションソリューションに関する認定“Master Collaboration Specialization”と、Cisco製品を使用したクラウド型の統合インフラソリューションに関する認定“Master Cloud Builder Specialization”を取得したと発表した。

 Ciscoのパートナー企業認定制度は、Ciscoソリューションに付加価値を加えることによって、ユーザ企業の満足度の向上に寄与しているパートナーに対する制度で、パートナー企業のスキルレベルに応じてEntry、Express、Advanced、Masterの4つがあり、販売、技術、保守サービスを含めたライフサイクルサービスでの能力を認定するもの。

 最上位のMasterレベルは、高い技術スキルを保有し、Ciscoの複合的なソリューションに関し、販売、導入、サポート実績のあるパートナーが対象で、Master Collaboration Specialization、Master Security Specialization、Master Cloud Builder Specializationの3つで構成されている。

 CTCは、Cisco Unified Communication製品を使用したコンタクトセンタシステムの構築や、Cisco製のIP電話やビデオ会議システムを使用したオフィスソリューションの提供など、コラボレーションソリューション分野でのスキルレベルや実績が評価され、Master Collaboration Specializationに認定されたと述べている。

 また、Cisco Unified Computing System製品を使用した統合型のプライベートクラウド環境の構築や、CTCのデータセンターをベースとしたクラウドサービスなど、提案から運用・保守サポートまでのトータルなソリューションの提供により、Master Cloud Builder Specializationに認定されたと伝えている。



「伊藤忠テクノソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 【日本アイ・ビー・エム】 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤 【インテル】
統合運用管理 その他データ分析関連 無線LAN IaaS/PaaS IaaS/PaaS
ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは EU一般データ保護規則(GDPR)をコンプライアンス施策だけで終わらせないために 166社調査で見えた無線LAN導入・運用のヒント――多くの企業がつまずいたのは? ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 安全性とコンプライアンスを両立、先進企業4社のタッグで生まれたクラウド基盤
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056855



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ