JMAS、セキュリティブラウザを電子証明書発行サービスと連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JMAS、セキュリティブラウザを電子証明書発行サービスと連携


掲載日:2014/07/23


News

 株式会社ジェーエムエーシステムズ(JMAS)は、スマートデバイス用セキュリティブラウザ「KAITO」を、ジャパンネット株式会社のデバイス用電子証明書発行サービス「DeviCERT」と連携させたと発表した。

 「KAITO」は標準ブラウザにセキュリティ機能を付加したWebブラウザで、標準ブラウザの利便性を保ちながら、安全なWebブラウジングを可能にする。具体的には、端末内にデータを残さない、接続先サイトを制限できる、電子証明書を使った端末認証が可能などの特長を持つ。

 「DeviCERT」はiOS端末、Android端末、Windows PC向けに電子証明書を発行するサービスで、証明書配布時に利用者認証及び端末認証による2要素認証を実施し、利用を認められた端末以外の個人端末や不正端末への証明書のインストールを防止することができる。

 今回の連携により、「KAITO」と医療分野に導入実績をもつ電子証明書発行サービス「DeviCERT」を組み合せることで、許可されたデバイスのみが社内・業務システムにアクセスでき、かつデバイス内にデータを残さないというセキュリティ環境を構築できるようになる。これにより、地域医療介護分野においても安全にBYODを導入できるとしている。

 この仕組みは、メディカルアイ株式会社の地域医療介護連携用SNS“医歩ippoソーシャルネット”に採用され、利用が開始されたという。

 “医歩ippoソーシャルネット”は、患者ごと・職種間でコミュニティを設定して、多職種より構成されるコミュニティメンバー間の双方向コミュニケーションを支援するクラウド型サービス。機能は記録の共有機能、掲示板機能、文書共有機能に絞り込み、簡単に使えるようになっている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 【フォーティネットジャパン】 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 【フォーティネットジャパン】 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? 【フォーティネットジャパン】 UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには 【フォーティネットジャパン株式会社】
検疫 UTM 検疫 ファイアウォール UTM
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? サイバー戦争の標的になる「産業用制御システム」、その脆弱性を解決する方法は 人間的な動作のマルウェアが増加する恐れも――2017年のサイバー攻撃を徹底予想 狙われ始めた「産業制御システム」、2つの重大な弱点をどう克服する? UTM活用ガイド:BYODなどの多様な接続環境とセキュリティを両立するには
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056779



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ