日本HP、従量制で柔軟に即時に拡張できるIT環境を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、従量制で柔軟に即時に拡張できるIT環境を提供


掲載日:2014/07/23


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、「HP データセンターケア」のオプションサービス「フレキシブル キャパシティ」を強化し、提供を開始する。

 「フレキシブル キャパシティ」では、クラウドまたはオンプレミスのメリットを活用したITキャパシティを利用でき、俊敏性と柔軟性を得られる。ワークロードを支えるために使用できるリソースの選択肢が拡大され、企業はコンプライアンス遵守やセキュリティが求められるワークロードに対し、オンプレミスIT環境や、HP Helion Public Cloudのリソースを活用できる。また、従量制ソリューションなので、購買プロセスや資金調達の時間・工数の削減を図れ、成長ニーズに応じて即時拡張を行なえる柔軟性を得られる。

 コミットを抑えて、スケーラブルで柔軟性のあるコンピューティング、ストレージ、SDNネットワーキングインフラストラクチャの使用が従量制で提供されるため、企業は、エンタープライズ品質のIT環境を維持しながら、俊敏性やコントロール、セキュリティが向上したパブリッククラウド、オンプレミスIT環境、またはハイブリッドデリバリモデルのメリットを得られる。

 HP CloudSystemやHP Helion OpenStackを利用して、迅速なプロビジョニングを図れるほか、HP Helionプロフェッショナルサービスを活用したワークロードの適切な配備を図れる。HP Helion Public Cloudかオンプレミスかを問わず、ITリソースの最適化を図れる。また、他社製ハードウェアの買取りと、ハードウェアを活用したサービスが提供される。

 単一ポータル、単一請求、オンプレミスやパブリッククラウド・リソースの単一コントロールポイントを利用して、簡易化されたキャパシティ管理を図れる。また、「HPデータセンターケア」を含んでいるため、データセンター内で必要なサポートを依頼できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

ハイブリッドクラウド時代のプロセッサはアーキテクチャで選ぶ 【インテル】 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 【インテル】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaS、従来との違いは? 【インターネットイニシアティブ】 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには? 【KDDI】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
プロセッサの進化から探る、ハイブリッドクラウド戦略の成功条件 OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは? 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 オンプレミスのVMware環境をそのまま移行できる次世代IaaS、従来との違いは? 自社にとって最適なクラウドプラットフォームを選定するためには?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056765


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ