コモドジャパン、1枚でSHA-1/2双方対応のSSLサーバ証明書を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コモドジャパン、1枚でSHA-1/2双方対応のSSLサーバ証明書を発表


掲載日:2014/07/22


News

 株式会社コモドジャパンは、1枚の証明書で、SHA-1/SHA-2 双方の暗号アルゴリズムに対応するSSLサーバ証明書を発表した。

 今回発表されたSSLサーバ証明書では、SHA1/SHA-2 のクロスルートを標準で搭載している。SHA-2に対応するブラウザでアクセスする際はSHA-2ルート、SHA-2に非対応の古いブラウザの場合はSHA-1ルートを自動的に判断し、階層チェーンを構成する。これにより、SHA-2非対応のブラウザやモバイル機器に対しても、警告を出さずに安全なSSL通信が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント 【トレンドマイクロ】 手のひら静脈認証ソリューション BioPassport 【NTTテクノクロス】 SaaSアプリケーション活用時のリスクを解消するアクセス制御の最適解とは? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
脅威対策をAWSに最適化、クックパッドに学ぶ包括的な保護のポイント 端末のカメラで高精度な静脈認証を実現。認証装置、認証用サーバは不要。導入の負担がなく、今すぐにWindowsログオン認証の強度を高める生体認証ソリューション。 SaaSアプリケーション活用時のリスクを解消するアクセス制御の最適解とは? 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20056759


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ